プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女の学び】同じミスを繰り返す相手にイラッとして、そんな自分に自己嫌悪という負のスパイラル解消法

f:id:mousoumajyo:20190418151549j:plain

私は毎回汚す「その人」にイライラしていた

毎回同じミスをされたりすると「イラッ」としてしまう

心が極狭なプロ独女みつまるです。

でも、悪気はないであろう相手にイラッとする自分も嫌になってしまうという悪循環。

 

 

先日この小さなイラッから自己嫌悪にまで落ちる

負のスパイラルを断つ方法を見つけました!

 

私は「自分が快適な空間で過ごすために」

掃除や洗濯をすることは好きで苦ではないのです。

が、自分が快適にした空間を汚す人に目がキラーンとしてしまいます。

 

自分では「また掃除すればいいや」「また洗濯すればいいよ」と

言い聞かせているのですが

毎回(何度も)飲み物や食べ物をこぼしてカバーにシミをつける人に

先日ついにイライラがメラメラしてしまったのです。

 

その人には「洗うからいいよ」と笑顔で言えたのですが

なんかその後ひとりになってトイレでふと「モヤモヤ」した気持ちが膨らんできた。

 

なんで毎回こぼすんだ!?

なんで毎回布カバーにシミつけるんだ!?

なんで自分の1つの動作に集中しねーんだ!?

 

でも私もわかっているのです、

相手にまったく悪気はなく心底反省していること。

 

と、なると起きてしまった出来事に対して腹を立てている私自身の問題なのです。

起きてしまったことはもう過去に時間を巻き戻して防ぐことはできない。

その「出来事」に対する私の認識に何か問題があるはず!

 

と思って自分なりに自分のイライラの根本原因を考えてみたのです。

 

【私の脳内】

  • もともと汚してもいいように大きなカバーをしている
  • 洗濯機で丸洗いできるカバーにしている
  • だだし大きいので洗って完全に乾かすまでちょっと手間がかかる
  • 晴天の日でないと1日で乾かない

 

だんだん脳内の気づき情報整理をしている内に

最大の問題点が見えてきたのだ!

 

①大きな布カバーで洗濯&乾燥が一苦労である点と

②乾燥機がないので晴天の日でないとカバーを洗濯せきない点と

③そのカバーの替えを持っていないという最大の問題点!

 

要するに③が最大のネックだったのです、私にとって。

「汚されてもいいようにカバーしている」わけなので

カバーが汚れることは別に問題ではない。

 

ただ洗濯が大変なことと替えがないので

晴天の日まで汚れっぱなしなことと

洗濯中は汚れから本体を守ってくれるカバーがないことが

非常にストレスになっていたのです!

 

つまり・・・・

 

洗濯できるカバーをもう1枚用意すれば私のストレスは解消されるじゃん!

 

という結論に至ったのです。

他人を変えることはできませんが

自分の行動や動作や方法や

モノによる状況を変えることは私にもできる。

 

汚れてもすぐに綺麗なカバーに変えられるし

替えのカバーが1つあることで

心の余裕が全然かわるという発見。

 

人間のミスというのは自分も含め周りの人のことも観察した結果

別のことを考えながら動作している時なのです。

脳で思考していることと身体をつかって行動していることがバラバラだから

事故るのです。当然といえば当然のことですが。

 

ミスは動作に集中していないことが原因。

 

とはいえ、人間というのは悩みや考え事が湧いてくる生き物。

私もそうだし、他人もそうなのです。

「他人のミス」を責める自分がすげー嫌だったんで

今回この怒り分析と解決策を見つける回路が脳にうっすらできたことを

喜びたいと思います。

 

 

自分も含めミスや失敗を予測して

状況を変えていこっと。

 

替えカバーは部屋の雰囲気変えるためにも役立ちそうです。

ほとんどのモノは予備があった方が心に余裕がもてるようだね。

φ(..)メモメモ

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)

 
考える技術 臨床的思考を分析する 第3版

考える技術 臨床的思考を分析する 第3版