プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本を楽しむ】BBAガイド「淡路島」案内~イザナギ・イザナミが最初に生成したオノコロ島へ

f:id:mousoumajyo:20211230135038j:plain

日本神話の面白さ×カタカムナ解読で、

すっかり「神話ゆかりの地」に興味津々な私です。

今一番、興味惹かれる地が「国生み」神話で最初に生成された『オノコロシマ』です!

 

 

なんでも、それが「淡路島」らしいのです~(葦原中津国は確かにあの辺やしな)

ということで、淡路島について「知る」⇒「楽しむ」旅へ参りましょう~

 

 

日本神話~国生みで最初に生成されたオノコロ島

日本神話ゆかりの地・神話にある「地名」が気になり

真っ先に調べたのが「最初に生成された国土=オノコロ島」です。

 

「神話のある地名」は古事記日本書紀(+カタカムナ文献)になります。

どうやら日本神話のはじまりに登場する「葦原中津国」ってのが

今の中国地方らしいことはわかってきていたのです。

 

 

なので、イザナギイザナミによる「国生み・神生み」の舞台もこの地だろうなぁと。

特に「国生み」では「多くの島」が生成されており、

『たぶん瀬戸内の島々なんだろうなぁ~』と目星はつけていたのです(^^)v

 

調べてみると、

「アワジノホノ サワケノシマ」というのが『淡路島』を、

最初に生成された「オノコロシマ」が絵島・沼島をさすようだ…と。

(確定ではなく、有力な説なのだそうです~)

 

でも実際に神話ゆかりの名の神社があるんです。

 

イザナギイザナミに深い縁地~「淡路人形浄瑠璃

イザナギイザナミによる「国生み」で最初に生成された島

というだけではなく「神生み」の面でも深い縁地なのです。

 

私がそう感じたのはこの地に伝承されている

淡路人形浄瑠璃」を知ったからなのです。

 

500年の歴史を持つ、国指定の無形民俗文化財の「淡路人形浄瑠璃

そこで演じられる物語は

イザナギイザナミの最初の子である”ヒルコ神”」

の心を慰めるためのものだったのです。

西宮戒神社で奉納されていた人形操りが、淡路島にもたらされ広まったそうです。

 

「蛭子(ヒルコ)」とは生成2神の最初の子でありながら

「カタチを成しておらず、不完全のまま生まれた」とされ

舟で海に流されてしまった悲しい神なのです(;;)

 

後に「ヒルコ」は「蛭子(エビス)様」として

広く人々に信仰される存在になるのですが

なかなかに悲しい出生の物語を背負っている神なのです。

 

エビス様としては人気者ですが

その形を成す前の粘液状の「ヒルコ」神を

祀り大事に思う気持ちがこの地にあると知り

『あ~、神生み、国生み、イザナギイザナミと縁深き地なんだなぁ』と

強く思うようになったのです。

 

◆次回~淡路島の見どころ&グルメを紹介

次回は「淡路島 観光」案内ですよ~

見どころ&グルメをお楽しみに☆

 

 

 

 

 

日本神話に思いを馳せて

今の「オノコロシマ」を楽しもう☆

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村