プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの不思議な世界】W.シャトナー 世界の怪奇現象#6~臨死体験で見た世界

f:id:mousoumajyo:20201222163215j:plain

「人類と地球の謎」や「ヴォイニッチ手稿が読める男」の話とも通じる

シャトナーの世界の怪奇現象第6話「死の向こう側」の興味深い内容。。。

おら、わくわくすっぞ!

 

 

ということで、

まずは「W.シャトナー 世界の怪奇現象」の第6話をご覧ください

 ⇓

死の向こう側

死の向こう側

  • メディア: Prime Video
 

 

 

脳神経外科医の臨死体験

シャトナーが紹介してくれた1つ目の話がこちら。

脳神経外科医 ベンの臨死体験

2008年11月10日 バージニア州リンチバーグ

脳神経外科医のベンは背中の痙攣と頭痛に襲われ病院に運ばれた。

<検査の結果>

背骨と脳に膿汁がたまり腫れていることがわかった

重度の感染性髄膜炎

まもなく昏睡状態になり、

脳の活動が止まりはじめる…

この昏睡状態の時に不思議な体験をする

その後、一命をとりとめ

めざましい回復を見せ、復帰。

今も元気で、インタビューにて

昏睡状態時の不思議な体験を語ってくれている。

 

死に向かう昏睡状態の時の体験

ベンはこう語っている。

「ゆっくり回転する白い光と美しい音楽に命を救われた」

※どんな映像が見えていたか番組で見せてくれてるよ

空間と時間を超えるようにトンネルを抜けると

緑豊かな"出口の谷"が目の前に開けた、という。

そして一命を取り戻したと。

 

白い光と音楽に導かれ、

「生と死を繋ぐトンネル」で彷徨っていたベンの魂は

生側の出口の谷にたどり着けたようだ(BBA考察)

番組が見せてくれた映像が…どこか草文明世界に似ているんだよなぁ

 

死に直面して、肉体と魂の結びつきが弱まると

一度あの空間をとおるのかもしれませんなぁ(生死のハブなの?)

 

臨死体験した人が語る「別世界」は幻覚なのか?

この問題、気になっている人は多いのではないでしょうか?

薄れゆく意識の中見る夢や錯乱状態でみる幻覚なのでは?と

思っている方も多いはず。

 

"暗闇の中を歩いていたら別の世界に行った”

臨死体験をした人は皆、こういった体験を語るという。

 

アメリカでは1日に800人が臨死体験を報告している。

⇒世界中なら年間に数百万人はいるはず…

それだけの人たちが「同じ幻覚を見るのか?」

【心理学者と臨死体験研究家が協力して研究】

超心理学者 ジェフリー・ミシュラブ氏

臨死体験は錯乱や幻覚ではない」

脳が機能してない時に、そこまで豊かで複雑な意識が働くわけがない。

と語る(確かにと納得する私ーー;)

 

でも、まーそれなら寝ている時の夢は?と少し思ったのですが

臨死体験をした人が「鮮明にその時の体験を覚えていて語る」という

部分を考えると…幻覚ではないのかもと思うのです。

そかもダンの経験からわかるように「脳機能が停止に向かう中」ですもんね。

 

何よりも「現役の脳神経外科のベン」が

あの時の体験は「幻覚や錯乱ではない」って言っているのが

説得力あるんですよね。

 

臨死体験で見た世界は別ルールの同じ宇宙かも

ここで前回のムーア人と地球人A君の会話が思い出されるのです。

臨死体験でみた「別世界」って

ムーア人がいう「地球」とは違うルールの「a2」じゃないでしょうか?

f:id:mousoumajyo:20210116174942j:plain

 

ヴォイニッチ手稿話を読んでいると

世界の繋がりが「上下」に思える。

こんな感じ

隠れていた宇宙(上)

隠れていた宇宙(上)

 

実際はもっと複雑な形で繋がっている予感が強くなっております。

そんで、やっぱり今私の中にある仮説では

多元世界分霊箱論がどんどん大きくなっております。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村