プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの不思議な世界】W.シャトナー 世界の怪奇現象#1:死の山 ディアトロフ峠事件と呪いのビデオ

f:id:mousoumajyo:20201124144536j:plain

「W.シャトナーの世界の怪奇現象」でディアトロフ峠事件が取り上げられていた。

そして「2014年の研究でわかった事」として面白い考察が語られた!

『呪いのビデオ』を意図的に作るのも可能な技術がそこにはあった…

 

 

私個人的な考察は番組のまとめ方とは違うのですが

なかなか面白い内容でした!

 第一話:呪われた地

呪われた地

呪われた地

  • メディア: Prime Video
 

 

青木ヶ原の樹海の次に紹介されたのは

ロシアのオトルテン山、死の山と呼ばれる

この地で起きた登山者9名のチームの変死事件なのだ。

 

 

謎に包まれたディアトロフ峠事件

もの凄く有名な怪奇事件なのでご存知の方も多いかも。

BBAは今回初めて知りました。

 

◆ディアトロフ峠事件とは

1959年 冬 

ウラル工科大学の登山者9名がソ連ウラル山脈に出発

一行は、はるか遠くのオトルテン山の山頂を目指す。

 

登山者は冬登山の経験もある者たちで

隊長 I.ディアトロフは同様の登山経験が7回はあるベテランだった。

だが、数日後彼らは奇妙な場所で奇妙な死体となり発見される。

 

彼らがテントを設営したのは

ホラート・シャフイル山(通称:死の山)の東斜面

1.5kmほど下方の森林地帯に入って風雪を防ぐのではなく

何の遮断物もない風雪に晒された斜面にテントを設営?!

 

テントの設営場所が奇妙なだけではなく

発見された彼らの遺体の様子も謎が多かった。

テントは内側から切り裂かれ、

彼らは外に裸足で飛び出し死んでいた…

(極寒の夜の雪山で)

 

発見された死体の様子、死に方も様々だった。

  • 数名は凍傷で損傷はなし、服を着た者もいたが多くは半裸
  • 他の数名は外傷あり、ひどく骨折していた
  • ある女性は舌と顔の一部を失っていた
  • 焼かれたように皮膚が焦げている者もいた
  • 頭がい骨や肺がつぶれている者も

一行に何が起きたのか、いまだに謎のままだという…

当時のソ連捜査当局は「抗いがたい自然の力」による事故死として処理

2020年7月ロシア連邦最高検察庁は「雪崩が原因」と見解を示した。

(どうもこの辺に怪しい雰囲気が漂っている…)

 

2014年の研究でわかった:可聴下音の影響

番組では2014年に研究チームが明らかにしたこととして

面白い説を取り上げていた。

 

「可聴下音の影響で彼らは錯乱した」

という可能性が出てきたのだ。

 

彼らがテントを設営し、死体で発見された場所、

この山の地形・条件の場で風が吹くと低周波音が鳴る。

低周波音は耳では音として拾わないが

体はその振動を感知している

低周波音で瞳孔が振動すると、

視界の隅に影が見えたりすることがある。

その影に心の中の恐怖が何らかのイメージを投影してしまったら…

 

荒涼とした雪原では低周波音が発生しやすいそうだ。

(これ、シャイニングの雪山ホテルでの現象そのまんまじゃない!?)

 

可聴下音は強力で、人を錯乱させる

※覚えておこう!

 

でも、これだけではやはり説明がつかない

損傷の激しい死体たち…。

 

BBAの考察:検出された高い線量の放射性物質

秘境…ソ連の秘境…

実験場だったと私も思っている。

軍事用の実験地だったとしたら

核兵器はもちろん、人体実験も…

 

加えて、寒さによる低体温と低周波音による

幻覚や精神不安定状態からの狂気へって

ことも重なっての事件だった気がする。

 

何かから必死に逃げてたっぽい感じはするよね。

 

 

 

BBAの仮説:可聴下音で「呪いのビデオ」が!?

 

リング

リング

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

低周波音、可聴下音を使って

リングに出てきたような「呪いのビデオ」を作ること

デキるんじゃね!?

 

サブリミナル映像しかり

低周波音・可聴下音も

視聴している本人の無意識に作用して

狂わせたり死への誘導できるんじゃなかろうか。。。

 

でも、ビデオじゃ集中して何度も何度も繰り返し

見させられないと効力発揮しなそうだけどね。

 

あの冬の雪山のように

「限られた空間」になってて

どうしても集中しちゃう特殊空間だと

効力が格段に上がってしまうのでしょうな。

 

目に見えないもの

五感で認識できないもの

でも「そこに在る」ものに

注意しないと操られてしまう…こわっ

 

認識の外側だから防ぎようがない…こわっ

 

私たちが五感で認識できない存在の方が多い気がするので

より恐ろしいですな(><)

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

ディアトロフ・インシデント (吹替版)

ディアトロフ・インシデント (吹替版)

  • 発売日: 2014/01/01
  • メディア: Prime Video