プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBAの不思議な世界】W.シャトナー 世界の怪奇現象#5:格闘技はとても儀式的!?

f:id:mousoumajyo:20210112150238j:plain

今回とりあげられてるのは「格闘技」

選手+熱狂する観客+会場(空間)が一体となって異空間をつくり出す…

この点は私もちょっと気になっておりました。

 

 

日本の怪奇現象番組とは、

また全然違ったテイストで「世界の怪奇現象」を

紹介してくれる『W.シャトナー 世界の怪奇現象』に

はまっているBBA私です。

 

今回は第5話:風変わりな儀式より

 

風変わりな儀式

風変わりな儀式

  • メディア: Prime Video
 

 

「格闘技」は見ると「痛み」に同調してしまうので

あまりBBAは接点のない世界なのですが

あの熱狂空間には興味があった。

 

 

格闘技はとても儀式的

 

暁に祈れ(字幕版)

暁に祈れ(字幕版)

  • 発売日: 2019/06/04
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ザ・ファイター (吹替版)

ザ・ファイター (吹替版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

”格闘技はとても儀式的”とう点にが紹介されていた。

 

だいたい「儀式」というのは

日常と違った「特殊な空間」を創り

人間を興奮から覚醒状態に導き、

力を引き出したすために行なわれることが多い。

 

人の奥に眠っている力かのか、

人と神を繋いで引き出される人智を超えた力かのか、

もしくはまた別の何かを引き出すためか。

 

【格闘技の儀式的な面】

  • 選手が闘う場(土俵やリング)は神聖な場とされる
  • 会場という閉鎖空間で行われる
  • 観客・群衆の興奮空間である
  • 選手・観客含め会場全体が1点に集中している
  • 鍛え上げられた人間同士の真剣勝負である

 

観客が会場に入り、選手が入場、アナウンスなど

徐々に会場の熱気が高まっていくように創られている。

確かに儀式的に見える。

 

人間の暴力性が興奮と共に呼び起される

 

グラディエーター (字幕版)

グラディエーター (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

番組の中で格闘技業界の興行に関わる人もこう語っていた。

"観客も気づいていないが、暴力を見たくて来ている"

 

もちろん、好きな選手を応援する気持ちや

純粋に真剣勝負でぶつかり合う屈強な選手たちへの敬意や憧れ、

また選手とファンでつくる「熱狂空間が好き」って理由もあるだろう。

 

でも理性の抑圧を越えた部分で

格闘技会場が創る「大勢の人々の熱狂空間」は

興奮と共に人間の暴力性を呼び起こさせるんですって。

φ(..)メモメモ…確かに…

 

野生の本能部分では「攻撃性」を持っているけど

普段は理性で強く抑えている程

どこかで解放しないと別のことろで爆発してしまうのかも。

みんなうまくバランスをとっているってことかな。

 

BBAの考察:格闘技だけじゃない

格闘技だけじゃなく、人々が競い合う場や

大勢の観客が熱狂する場ってのは

どこか本能的な部分が開放される「儀式的異空間」要素あるよね。

 

音楽フェスやライブ、コンサートなども

そういった儀式的な異空間要素ある。

 

スポーツは観客側も「闘争心」を刺激されるし、

カーレースのあの命がけな感じもまた本能を刺激してくる。

身近にも色々と引き出すものはちがえど、

儀式的なもの多そうですね。

 

これから、気にしながら観察していこう。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村