プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【イライラ社会を生きる】BBAの禅修行~汚れた鏡で自分を見ていないか?(エゴからの離脱)

f:id:mousoumajyo:20200705144455j:plain

自我(エゴ)から離脱する修行は進む

私たちの自我は他者を必要としている…

その理由は他者を通して自分を見るためなのかもしれない

 

 

このイライラ社会を生き抜くために

武士道からはじまり禅の精神修行に励む

BBAこと私です。

 

今の修羅の世を生き抜くためにおすすめの書

 ①新渡戸稲造の「武士道」

 

②西洋思想から「禅」の世界を覗く

 

“それ”は在る

“それ”は在る

 

 

自我(エゴ)からいつでも離れ

真の自分を見つめられるように

修業がすすんでおります。

 

 

他者こそ自分を見る鏡?!

山善 卓上 三面鏡 幅22-43×奥行13×高さ26.5cm コンパクト 収納スペース ホワイト PM3-4326(WH)

私たちは自分の姿を見るのに鏡を使う。

メイクする時にも、朝の支度の時にも。

 

姿だけではなく

私たちは「自分を知るために鏡を見続けている」

のだというのです。

 

「自分らしさ」や「個人としての私」というのを

f:id:mousoumajyo:20200627145614j:plain

 

自分の中にある観念や信念、思い、感じたことなどで

自分が築き上げてきた自我(エゴ)が

「他者からどう見られているか?」で見つけ続けてると。

 

簡単に言えば

f:id:mousoumajyo:20200627145933j:plain

この積み上げてきた私の自我(エゴ)が

  • どの程度周囲に認められているか?
  • どのくらい評価されているか?

ということで自分の価値を自覚している。

 

曇った眼鏡で汚れた鏡を見ていないか?

私たちが世の中を見る時

自分の観念や信念が曇った眼鏡になるように

曇った眼鏡で見つめている鏡もまた

たくさんのゴミや塵がついているのだという。

 

鏡で見る顔は反射した光が映す私の影であり

左右が反転しているように

他者を鏡として自分を見ようとする場合も

「決して真実の私」を見ることはできない。

 

むしろ汚れた鏡で見たことで

「自分は汚れている」と思い込んでしまうのだ。

曇った鏡で自分を見ては

どんより沈んだ「ダメな自分」に見えてしまう。

 

だが本当にそうなのだろうか?

この意識を持つことが

自分の中の絶対空間「まっ白な無空間」を得る鍵

 

鏡を見ずして自分を見ることからはじめよう

f:id:mousoumajyo:20200619170053j:plain

瞑想しようとするとき

何も考えないと自分の意識に命令するけど

考えが止められない自分を見つめる「私」を持つ

という話に触れましたが、まさにこれがステップ①

 

自分の中にどんな思考が湧いているかを見つめる「私」

これができるようになると

ステップ②目を閉じて自分の無のスペースに入る

f:id:mousoumajyo:20200705152032j:plain

この段階に進めるそうです。

 

自分を見つめ続けたその先にある

己の空・無のスペースに入る感覚を掴めると

「静寂が無限に広がっている」ことが実感できるそうです。

 

BBAはまだステップ1.5くらいです(--;)

 

でもステップ②までいくと

世の中を見る目がガラッと変わるようですぞ!

この話は次回に

 

では、また~☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村