プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【イライラ社会を生きる】BBAの禅修行~「他者を認めると」ことの真意に気が付く

f:id:mousoumajyo:20200705155651j:plain

そういうことだったのか!!

「他者に敬意を」「他者を認める」これは礼儀としては理解していたけど

実際は敬意も認めるのも拒否したい輩もいるわけで…

そんな狭い心のBBAでもその真意をやっと理解することができました。

 

 

BBAがこのイライラ社会を生き抜くための

精神修行に用いている学びの書はこちら

 

 

 

“それ”は在る

“それ”は在る

 

 

では修行の続きへ

 

 

自分の無・空スペースに入れるようになると

前回のおさらい&重要な部分

f:id:mousoumajyo:20200705144455j:plain

積み上げてきた自我(エゴ)を「自分らしさ」と勘違いし

他者からの評価を通してその自我(エゴ)の価値を「自分の価値」と

いう見方をやめて

f:id:mousoumajyo:20200705152032j:plain

思考している自分、

ただそこにいる自分を見つめる「私」になり

目を閉じて

自分の無・空のスペースに入る

 

ここまでいくと

飛躍的にみえる世界が変わるというのです!

 

その解説にはこう書いてあった。

目の前の人の内側にある空・無を見つめられるようになる

f:id:mousoumajyo:20200705155651j:plain

 

目の前の人としたが

実際は「目の前のものすべて」だそうです。

 

目を閉じて自分の無・空スペースに入ることができるようになったら

目を開けて目の前のものの“形ではなく”、

その内側を見つめるようにする…

そうするとその内側にも自分と同じように「無・空」があることに気が付く。

 

無・空を見つめると

静寂が無限に広がっていると実感できるという…

 

ここまできて

やっと私は「他者を認める」ということの真意に気が付けたのです。

私にも相手にも同じ「無・空」が広がっている

「同じ」という観念もいらないのかも

でも、根本的に私も相手も核である「ありのままの自分」は

同じなんだなぁと思えた時

理屈ではなく本心から相手を認めることができるんだなって

わかりました。

 

そういうことだったのか!

って思えた瞬間でした(^^)

 

全く自分と違う価値観だったり、思想だったりする人でも

生まれた時の「まったく観念」のない時は

同じ無・空の心だったんだな~

そして、それは今も同じなんだなぁとわかってきた。

 

更に修行が進むとすべての境界線が無くなるそうです

私はまだまだそこ域にはいけないけど(^^;)

 

相手の中に見える無・空も

実は私の無・空であると思えるようになると

自分の内外にこの無が満ちており

その無こそが「私」と思えるようになるそうです。

 

道のりはまだまだ果てしなく遠いようだ…

でも、ちょっとずつ理解を深めながら進んでいこうと思うBBAです。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村