プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【イライラ社会を生き抜く】武士道:日本人の血に流れる「大和魂」(海外からの目)

 

f:id:mousoumajyo:20200225152702j:plain

もう日本人の大和魂とか消滅しちゃったかと思ってましたが

そんな簡単に消え去ってしまうものではないらしい・・

桜を愛する感覚があるなら、そこには大和魂がしっかり受け継がれているようだ。

 

 

イライラ社会を生き抜くために

柔軟で折れない心を手に入れるために

私が見つけた教本がこちら

 

 ※新渡戸稲造氏の名著です

 

 

武士道の説く

「人の道から外れない生き方」

「自分の良心に恥じない生き方」

ってのが私にとって

『やっぱりそうだよね、そこが大事だよね』と

超納得だったので私の人生の教本にしております。

 

学ぶほど、触れる程に

「あー世の中みんながこう在ればいいのになぁ」と思う。

日本人のこの精神は消滅しちゃったのかな・・・と。

 

でも、どうやら国民性というか日本の精神とは

長い歳月をかけ受け継がれてきたモノなので

そんな簡単に無くなったりしないんだって。

 

そして「日本の精神=大和魂」とは何ぞや?

という部分が外国人の目を通して語られた時

これは非常に重要な日本の遺産ではないか!と思ったのです。

 

今回の修行日記はそんなところのお話です。

 

 

西洋人がバラを愛し、日本人が桜を愛する感覚

バラは華やかで美しく

人を魅了する花の下の茎には棘をもつ

華美な色彩と濃厚な香り

 

桜も美しいが

花の色は淡く時には白に近く見える

そして1つ1つの花はとても小さい

せかっく咲いてもその花の命は短く

花は舞い散ってしまう

 

それでもやっぱり「今年の桜」を楽しみにしている、

やっぱり日本人だなぁと思う。

 

切り花を花瓶や花器に飾り

部屋や食卓に飾る習慣のない私でも

桜の開花にワクワクする気持ちは自然と湧いてくる。

 

「武士道」の中で非常に印象に残った

フランスの社会心理学者の言葉がある。

f:id:mousoumajyo:20200225152703j:plain

国民性というか

日本人一人ひとりの性格にも

何世紀、何代にもわたる人々からの継承されたモノが生きているようだ。

なんか、すごく納得したんですよね、この意見に。

 

フランスの経済学者E・シェイソンの計算によれば

「我々一人ひとりは血管の中に少なくとも

西暦1000年に生きていた2000万人の血液を持っている」

というんです。

 

日本は島国だし鎖国もしてたんで

先代の日本人の血を濃く継承している気がするものね。

 

日本の精神は無くならないし

今も更にみんなそれぞれの中で育んでいるってことかぁ。

 

日本が他の東洋諸国と異なる唯一の点とは?

イギリスの旅行家:ヘンリー・ノーマンが

極東情報を研究・観察した結果出した答えがこちら

f:id:mousoumajyo:20200225152704j:plain

 

人類が考え出したことの中で

  • 最も厳しく
  • 最も高尚で
  • かつ厳格な

「名誉」の掟が国民の間に支配的な影響力を及ぼしている

つーんですよ。

 

名誉を重んじ生きる姿勢・・それが日本人の特徴だって言ってくれてる(;;)

その名誉っていうのも外からの評価ではないんですよね。

 

日本人の名誉の精神ってこれ

f:id:mousoumajyo:20200206141158j:plain

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

大事にしよう・・名誉の精神。

 

 

今も日本人の中に大和魂はある

私が無くなっちゃったと思っていた

日本人の大和魂ですが

日本人に日本の血が流れている限り「在る」とわかった。

 

みんな深いところに持っているようだ。

ちょっとホッとした。

ならばきっと今のイライラ社会の雰囲気も

変えられるし、変わるだろうと思えるね。

 

信じられるし、期待できる社会になるで~

イライラ期を早く乗り越えたいね。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村