プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】「Well,all right, then.(なら、いいよ)」を引き出す交渉術

f:id:mousoumajyo:20210811134044j:plain

そういうことかφ(..)メモメモ

ドラマの中でふたりの会話に耳を傾けながら

「なら、いいよ」を引き出す交渉術に気が付いた私です。

 

 

英語や生活文化を学ぶ為におすすめ海外ドラマ

 

ビッグバン★セオリー<セカンド>セット1 [ ジョニー・ガレッキ ]

 

 シーズン②第2話

友情と愛情の法則

 

おうちデートだから、同居人シェルドンに

どこかに消えて欲しいレナードと

「今日は徹夜でマリオゲーム大会だ!」

「なぜ僕が出てかなきゃいけないの」

というシェルドンの攻防

f:id:mousoumajyo:20210811110919j:plain

f:id:mousoumajyo:20210811113335j:plain

f:id:mousoumajyo:20210811131005j:plain

 そして、このレナードの言葉を聞いて

シェルドンはこういった。

f:id:mousoumajyo:20210811134044j:plain

Well, all right , then. (なら、いいよ)

 

ええっ(@。@;)

これで納得なのか?

 

私はこの2人の会話から交渉のコツを掴んだ。

 

ただ一方的に相手の要求を呑むのは「むむっ」となるが

どうやら「お互いに」となると割とすんなり

『じゃぁ、いいよ』『なら、いいよ』を引き出せるようです。

 

「僕も君にこれだけの(+な)ことするから」

ってのが決め手ですなφ(..)メモメモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほどね~

まー、レナードがシェルドンに消えてて欲しかったのは

単にふたりきりになりたいだけじゃなく

レズリーとシェルドンが犬猿の仲だからって部分も大きいんですけどね~

 

ちなみに、この後別件で判明しますが

シェルドンはレナードのデートに同席するのが

「むしろ当然」のようなところもあるんだよね~

 

同居人で親友という不思議な関係なのかしら?

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村