プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】相手の言葉を深読みしない~真直ぐに返す会話術(嘆きには解説を)

f:id:mousoumajyo:20211007154648j:plain

私は不思議とこの二人のまったくかみ合ってい無いようで

心地いいテンポで進んでいく会話が好きである。

シェルドンの相手の言葉を表面通りに受け取り「説明」で返していくのも好きだ

 

 

 

ビッグバン★セオリー<セカンド>セット1 [ ジョニー・ガレッキ ]

 

シーズン②第3話より

ペニーとネトゲ廃人の法則

 

ペニーがトラブルの根本「イライラ」の原因について語りだした。

f:id:mousoumajyo:20211007152707j:plain

f:id:mousoumajyo:20211007154648j:plain

ここで最後の嘆き

「中西部過ぎるって何よ!」

「どういう意味よ!」

に対してシェルドンが冷静に答える。

The American Midwest was mostly settled by Scandinavian and Germanic peoples who have characterristic facial・・・

アメリカ中西部にはドイツ系やスカンジナビア系の人たちが多く、

 彼らは特徴的な顔をしていて…)

 

どうやら「骨格的に特徴的な顔をしている」と言いたいらしい(^^;)

 

ペニーとシェルドンの会話って不思議ですが

なんだかんだで全体としてはきちんと成立してるんですよ。

シェルドンの相手の心を読まない会話により

どうやらどんどん自分から話して

自分の問題や心の整理をつけていけるようなのです(不思議)

 

変に同情も憐みも共感も無い分

逆に相手も自分に素直に話せるのかもしれませんね~

 

「察する」ことで結果失敗続きだった私からしたら

目からウロコっすよ!

 

このシェルドンの対応により

ペニーは深層にあった本当の悩みを

打ち明け始めるのです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村