プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】ネチネチ攻撃は続く「What people?」怒涛の連続質問技

f:id:mousoumajyo:20211217163643j:plain

「What people?」この斬新な質問!

ただの一般大衆では済まさないというシェルドンの追い込み…凄い。

 

 

英語スラングからネチネチ英語まで学べる

生きた英語がここにある、ドラマ「ビッグバンセオリー」はこちら

シーズン①第1話はこちら

 

今回のフレーズはシーズン2の第4話より

 

 

f:id:mousoumajyo:20211217162022j:plain

ラージのこの回答では攻撃を止めないシェルドン

シェルドンの攻撃:What people?(大衆って?具体的にどんな?)

ラージの返し:The people from People.大衆紙を読む大衆さ)

 

これはラージの返しが「上手い」と感心も束の間

f:id:mousoumajyo:20211217163643j:plain

What?

(なに?)

Yeah, but exactly who are these people?

(だとして、具体的にどんな人たちなのさ)

What are their credentials?

(彼らはどんな資格を持っている人たちなの?)

How are they qualified?

(どんな適性や能力を持っている人たちなのさ?)

 

ざっくり云うと

「選ぶ側の素養や選考能力が妖しいんだけど」ってことらしい(^^;)

 

わわわっ、嫌な詰め寄り方やわぁ~

でも英会話は沈黙や無言は「存在の無」を意味するので

なんでもいいのでとりあえず言い返しておきましょう。

(英会話、恐ろしいわぁ…知力・体力・時の運が必要だね)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村