プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】意見を押し付けるのではなく相互理解へ導く言葉

f:id:mousoumajyo:20211219161019j:plain

レナードはシェルドンの扱いが上手い。

そしていつも「押し付け・強制」ではなく、相互理解へ向け「優しく誘導」するのだ。

 

 

コミュニケーションの極意も学べる

おすすめ海外ドラマ「ビッグバンセオリー」

シーズン①の第1話はこちら

 

今回のフレーズはシーズン2の第4話より

傲慢と友情の法則

 

「僕は間違っていない、謝るようなことしていない」

「レベルの低いことで褒めるのは友人としてよくない」

というシェルドンに、レナードはこういい諭します。

f:id:mousoumajyo:20211219161019j:plain

Okay, let's try this way.

(よし、じゃあ、こう考えてみて)

 

What if this People Magazine thing is the best Raj is going to achieve?

(今回のピープル誌の件の功績がラージの頂点かも)

 

う~ん、この場にラージがいないがためのひと言なのか…

シェルドンを説得する為だよね、きっと。

 

とにかく、ここで注目したいのは

「僕は間違ってない!」とする友人に

「わかった、じゃあ、こう考えてみて」という相互理解への導き方☆

上手いよね~φ(..)メモメモ

 

「どっちがいい、悪い」じゃないのよ。

〇か×の対立じゃなくて、両方〇側にしてからの

「これから、どうするのがベストか?」って問いに持っていくのよね~

 

上手いわぁ

人間関係を丸くする男だわ~

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村