プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】"dumb-ass" or "brilliant"~さぁ、どっち⁉

f:id:mousoumajyo:20220417155850j:plain

これは、意外と哲学的な問題なのかもしれない。。。

相手が「マヌケ」に見える時、相手の偉大さにまったく気付けない

自分がマヌケの可能性も高いのではないだろうか?

 

 

日常英会話から文化、人生の色々まで学べる

おすすめ海外ドラマ

 

シーズン⑫まであって、ずっと面白いです。

 

今回のフレーズはシーズン2の第6話より

物理オタクと女学生の法則

※プライムビデオで視聴できます

 

レズリーに「dumb-ass」と呼ばれ続ける中

シェルドンに憧れる物理女学生が登場!!

f:id:mousoumajyo:20220417155850j:plain

昨日の教室にいた院生が

シェルドンを見つけ話しかけてきた!

I was at your talk last night.

I think you're just brilliant.

(昨夜、教室であなたの話を聞きいてました)

(博士は天才です)

 

この彼女の言葉に対しシェルドンは

Well, that  is the prevailing opinion.

(これが一般的意見さ、みんなこういう)

 

目の前の相手が "dumb-ass" or "brilliant" どっちに見えるか?

これは実に哲学的問題です。

私でも安岡先生の本を読んだ時

その聡明さに触れ衝撃を受けました。

 

賢くバカに厳しい安岡先生が

「つまらない本に出会ったら」そこに在る可能性は2つ

  • 著者の能力不足
  • あなたの理解力不足

どっちかだというのです。

もっとザックリ言うと「著者がバカか、あなたがバカか」

どっちかだつーんですよ!!

 

確かに、そのどちらかしかない。

これは「目の前の相手」にもいえる事ではないでしょうか?

 

こうして、他人を評価するという事は

自分が試されているんだと知った私です。

 

「どこまで理解できてる?」と。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村