プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【使えるドラマ英語】変わり者の隣人へ一言~「誰もあなたに近づきたがらないわけね」をメタファーで

こだわりの強い天才オタク青年シェルドンvs金髪ギャル ペニー

この二人の戦い(ガチ喧嘩)が始まろうとしている。。

 

 

学校では教えてくれない いきた日常英会話フレーズを

集められるお勧め海外ドラマ

 

シーズン⑫まであって、ずっと面白いです。

 

こだわりの「マイルール」多め男シェルドン

不意な危険から身を守る為に

習慣(ホメオスタシス)を大事にする男

 

そんな彼が恐れる者の一つ「菌」

故に『シェルドンの食事・食べ物には何人も触れてはならない』という

ルールがある。

 

だが、最近の付き合いのペニーはそんなこと知る由も無かったのです。

 

ペニーがシェルドンのミールボックスから

オニオンリングを1つつまみ食いしようとしたことから

地獄の展開が幕をあけます。

 

手にとったオニオンリング

再びミールプレートに戻されたことで

オニオンリングすべてをゴミ箱に捨てはじめるシェルドン…

 

そんな彼にペニーが一言

「大げさね、触ったのは1つだけよ」というものの

 

シェルドンは

「君が容器に戻したから、他のまでダメにした」と彼女を非難。

 

そこで、ペニーがひとこと

Oh, honey, the buses don't go where you live, do they?

(誰もあなたに近づきたがらないわけね)

 

あなたが住んでる処にバスは来ない、(でしょうね)

=あなたの近くには 誰も寄り付かない(わけね)

 

こういったことを

ネチネチではなく、サラッと言えるのがペニーの魅力。

実際 マジでそこまで嫌味なセリフなわけでもないのだ。

このバランス感覚絶妙やわ。

世界共通でギャルはコミュ力高いのかも。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村