プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【最近気が付いたこと】おばちゃんネットワークで不確かな情報が真実のように巡ってしまう理由

f:id:mousoumajyo:20211123153047j:plain

私は最近になって「もの凄く重要な発見じゃね!?」ということに気が付いた。

私が母に質問をすると、”とりあえず何でも答えてくれる”のだ。

 

 

母とは興味の対象が違いすぎるので、

あんまり今までは意識したこと無かったんだけど

お正月にゴロゴロしつつ密に会話して結果

恐ろしいことに気が付いた!

 

「私の母は質問されたことに対して、とりあえず自分の思った答えを自信満々に答えるのだ」

あまりに華麗に言い切るので、たぶん「そうなんだ~」って納得しちゃう人も多いかもしれない。

 

しかし!

母が答える内容は、「彼女の中にある思い込みや想像」なのだ。

いわば「とりあえず、そうだろうと思うことを適当に答えている」といってもいい。

 

恐ろしいのは「自分の思い込みや、想像」なのに

「確か、そう聞いた」って言っちゃうのだ!

 

えっ!? どこで、誰に聞いたの?

って聞くと「忘れた」とか平気で言うのだ。

 

こんな感じで母はよく友人や近所の同世代のおばちゃんたちと

色々な話で盛り上がっている…

母の「確か、そう聞いた」話が「そうなんだ~」って感じで

まことしやかに真実のようにおばちゃんネットワークを駆け巡っているのでは!?

 

母の聞かれたことに答えたい気持ちが

「とりあえず、その場で答えを出さねば」になっているのかぁ。

 

私の母は質問したら何でも答えてくれる、だがその情報はかなり怪しい。

たぶん親切心からきているので、そこ心意気は素晴らしいと母を誇りに思う。

だが、「確か~よ」とか「確か~って聞いた」って表現はマジでやべ~ぞっ

 

ってなことを正月早々、母と話してました。

 

イメージで言うと

母の脳内にある記憶のレゴブロックで

 

 

「質問=お題」に対して、とりあえず急ぎ何らかの形を作って示してくれる感じです。

 

母みたいな人、多いのかもね~

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

ディープフェイク ニセ情報の拡散者たち

ディープフェイク ニセ情報の拡散者たち

Amazon