プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【手塚先生と飲んで語りたい】アニメ版「火の鳥」太陽編その四~見どころ(宗教と人)

f:id:mousoumajyo:20211027153828j:plain

太陽編も「その四」でラストです~

アニメ版では21世紀部分をバッサリカットし、

7世紀の「壬申の乱」を基に”政治と宗教”が描かれております~

 

 

手塚先生が漫画で描いた「太陽編」は7世紀と21世紀の双方で起きている

「宗教と人、宗教戦争」の様子が交互に交差しながら描かれております。

 

 

◆アニメ版「火の鳥」太陽編その四

 

Amazonプライムビデオで視聴できるかたはこちら

 

【ざっくり、あらすじ】

土地神信仰に対して寛容な姿勢を見せた「大海人皇子」側について

闘うことに決めた犬上(ハリマ)&犬神マリモ

 

遂に大友皇子軍と大海人皇子軍による決戦の戦がはじまる。

 

犬上とマリモのもとに

日本各地の産土神たちが援軍としてやってくる。

大友皇子vs大海人皇子

仏教vs土地神信仰(八百万の神々)

 

こうして大きな犠牲を払い

時代が動こうとしていた。

 

見どころ①火の鳥のポリシー(?)

火の鳥はその時代、その時、その場で重要な人物の前に姿を現し、語りかけます。

今回の戦でも「犬上とマリモ」の前に現れ、語りかけます。

 

犬上たちが、火の鳥に「どうしたら勝てますか?」と助けを求めるも

火の鳥は「観察者」として徹底した態度で臨む。

火の鳥の言葉から、火の鳥がどんな存在なのか見えてきます。

火の鳥は人の争いに干渉しない、ただ見てるだけ”

 

人類の運命を決めるのは「人類」の決断と行動だと。

火の鳥は善悪をジャッジする神(裁定者)ではなく、観察者のようです。

 

見どころ②神々争いの根源にあるモノ

火の鳥 11 太陽編(下) (GAMANGA BOOKS)

火の鳥 11 太陽編(下) (GAMANGA BOOKS)

 

「太陽編」では珍しく火の鳥がよくしゃべるのです~

でも、その言葉はとても「重い」。

”神々の争いは人間が起こしたもの、人間の欲望が起こしたもの”

 

”神と宗教は人の欲望と結びついた時、酷く残酷なモノとなってしまう”

 

神々ではなく「人間が争っているだけだ」と核心つきまくりっす(;;)

しかも、それは「人間の欲望の争いだ」と(グサッ)

信仰ではなく、欲望(支配欲)の争いなのか…色々納得できることもある。

 

見どころ③戦の勝敗とその後の政治

恐ろしいことに犬上とマリモたちは戦に勝ったのに

戦後に国・社会はどうなったかというと

結局は最初に敷かれた変革の芽が

大きな流れとなり人々を巻き込み

「変化」の方向へ押し流して行ってしまうのです。

 

「これまでを守ろう」とした犬上とマリモですが

人々は変化を選んでいたわけですな…

しかも、大海人皇子も王座についてみると

「仏教による国の統一」の必要性を感じるようになっていて…

 

この世界、人々の関わりで動く社会ってのは

「変化の方向へ進む」力がとても強いってことですよね。

これは、心に刻んでおかねばφ(..)メモメモ

 

見どころ④村を去るクゾク犬神たち

犬神一族・クゾクが人間化した姿の時

その装束は「アイヌ民族」を思わせるデザイン(模様)なのです。

 

そして戦の後に産土神への信仰がすたれてしまった為

「北に向かいます」と土地を去るクゾクたち…

 

アイヌ民族と土地神の結びつきが強いという示しでしょうか。

先住民というのは「神聖な民族」なのかもしれません。

 

 

 

 

「未来編」へ続く

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村