プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【手塚先生と飲んで語りたい】アニメ版「火の鳥」未来編その一~見どころ

f:id:mousoumajyo:20211028152347j:plain

未来編だけ、色合いが違うのさ~

大過ぎる「未来編」がアニメ版だとギュギュっと2話に(><)

 

 

 

手塚先生の思考に近づきたいなら、漫画版で読むべし☆

 

 

 

◆アニメ版「火の鳥」未来編その一

 

Amazonプライムビデオで視聴できる方はこちら

 

【ざっくり、あらずじ】

西暦3404年

地球は急速に死にかけていた…

 

人類は世界の5カ所に創った地下都市メガロポリスに移り住み

超巨大コンピューターに自らの支配を委ねていた。

 

東京近郊の地下都市「ヤマト」から逃げてきた

山ノ辺マサトと美女に姿を変えた不定形生命体のムーピー「タマミ」は

地上の研究施設で一人「生物生命体」の再現・創造に没頭する

猿田博士の元へたどり着く

 

マサトとタマミを追ってきた地下都市の管理官ロックは

猿田博士に地下都市で戦争が起き

5つの地下都市は全滅、人類が滅亡したことを告げる。

 

ロックは別の星を探して生きる道を選び

その相棒に「タマミ」をマサトから奪いにきたのだ。

 

ロックに銃で撃たれ死の際にあるマサトの前に

火の鳥が現れ、自らの血を彼に飲ませる。

こうしてマサトは不死身となった。

これから待ち受ける「30億年の孤独」の運命も知らずに…

 

見どころ①科学技術による「生命の創造」

それが可能なのか?

猿田博士の研究の成果を見ればわかる。

 

猿田博士が何とかつくり上げた「人類型生物」

保存液の詰まった容器の中でしか生きられないが

言葉を話し本も読むまでになっており

あとは外の環境で生きていけるかとうかが最後の難関だった。

 

博士は「アダム」と名付け、言葉を交わしている。

「外に出たい」と懇願するアダムに「無理だ」という博士

このシーンはまるで創世記の「エデンの園」のようです。

どうしても、たとえすぐに息絶えてもいい…というアダムの言葉に

博士は息子を思う父のように願いを叶えてやるのした。。

 

でも、アダムを待っていた運命は残酷で…

 

 

見どころ②AIが人類を統治支配する未来

死にかけた地球の現状は

「人類が誤った判断をしてきた結果」なのか…

 

だから、人類は地下都市に籠り

今後の自分たちの運命を全てAIの判断に委ねたということだろうか?

やっぱり、どんなに巨大化して高性能化しても

コンピューターは「計算機」の発展系なんじゃないでしょうか(--;)

人が道具として使いこなす時に、もの凄い成果を生む気がします。

 

AIに判断を任せた結果が

全体主義体制の「ヤマト」と自由主義体制の「レングード」の対立からの

核戦争なわけです(;;)

 

しかも、AI制御の世界都市は「連鎖崩壊」する造りになってました~という

結果が出てからの「そういう構造だぞ、考えればわかるだろ」ときたもんだ!

人類が「思考決定」を放棄した罰ですかね。

 

見どころ③進化した生物ムーピー

スライムみたいな生物で

地球の環境にも適合し、人間とも交流できる凄い奴なんや~

しかも!

タマミように美女に変身し、その形状を保つってことまでできる。

更に、”人間に幻想を見せる”能力まで持っており

飼い主が望む幻想を見せるためペットとして人気に。

 

しかし、人類はムーピーの見せる幻覚中毒になり

幻想の海楽におぼれ堕落していく…

そのためムーピーは駆除対照生物に指定された。

 

タマミを見る限り、人間並み~それ以上の頭脳も持っており

もうムーピーがこれからの人類に変わる生物じゃね~の!?って思っちゃう。

 

んで、この予感は漫画版のナメクジ文明につながっているのではないか

と私は勝手に思っている(まだ漫画版読んでないので)

 

見どころ④どうして火の鳥はマサトを選んだのか?

この点がいまだに私にはまったくわからん謎です。

ムーピーを愛したから?

種族の垣根を越えて「愛を育む」ことができたから?

 

それ以外は、なかなか自分勝手でわがままだし

そんなに特別な人には見えません(--;)

だからいいのか?

 

ひとつ挙げるなら

「自分の気持ちに素直に行動している」点は

凄いなコイツって思えるくらい凄いです。

 

この先を見ると「とてつもない忍耐力」を見ぬいて

火の鳥は彼を選んだのかな…とも思えるけど。

 

やっぱり、「普通の人」だから選ばれたのかな。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村