プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第13首~⑧トヨ カブシヌ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

遂に「トヨ カブシヌ」まで来たか~

もう少しで「原子」が…頑張るぞ~

 

 

カタカムナの解読のおかげで

脳の血流がよくなったし、脳が疲労気味の私です。

 

カタカムナの解読には「古事記」と「日本書紀」が役立ちますぞ!

実際は「古事記」と「日本書紀」というより「日本の神話」の

神々の御名に込められている深い意味が分かります。

 

 

カタカムナ第13首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211115172142j:plain

カタカムナは潜象カムの根源の力から

現象界の万物万象が発生する物理を説いていますので

声に出して現象界に作用を起こし体感しましょう☆

 

カタカムナ第13首】

スヒチニ ツヌクヒ イモ イククヒ

オホトノヂ イモ オホトノベ オモダル

イモ アヤカシコネ イサナミ イサナギ

トヨ カブシヌ ウキフヌ マカハコクニ

 

やっと「原子」の影が見えてきたぜ~

トヨ カブシヌって何でしょうか?

 

◆「トヨ カブシヌ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211118140559j:plain

  • ト(重合、親和重合、統合)
  • ヨ(新しい、陽、四相性)
  • カ(潜象カムの根源の力「カ」)
  • ブ(増える、ふたつ)
  • シ(示す、現象)
  • ヌ(突きぬく、貫く、目に見えぬ力や存在)

ここから、音を連ねて「コトバ」にして意味を読み解いていきます。

 

◆「トヨ+カブ+シヌ」とは

●トヨ

⇒重合+四相性をもった

 

●カブ

⇒根源の力「カ」が増えて

 

●シヌ

⇒示されているが目には見えない潜態のモノ

 

アヤカシコネの「根」が「株」になったイメージでしょうかね。

重合四相を持った「カ」が増殖してギュギュっと生成力の株になった!

 

◆トヨ カブシヌの解釈(飛躍)

私のつたない理解では、カタカムナの説く「この世界の創造原理の悟り」に

なかなか深く入っていけないので カタカムナ解読の先輩方の読み解き覗いてみる。

 

私がいつも参考にさせていただいているのが

カタカムナ 相似」でググると出てくる超ストイックなブログの解説。

そこには「トヨ カブシヌ」のことを

重合四相のカブシヌ

「カ」が増えてカシコネの核(アマナ)に

かぶさるように示されている潜態のもの

即ち

原子の外殻の電子の電子(サヌキ)と

正孔(アワ)の正反(ト)の四相(ヨ)に当たる

 

と、解説されてた。(難しい…)

 

とりあえず「原子の外殻の電子」って部分にアンダーラインを引いて

頭の中に置いといてください。

 

ウキフヌ、マカハコクニ、まで読み解きできたら

図にしてみます(‘v‘)頑張るぞっ

 

だんだんと変化の度合いも塊の度合いも

複雑さも拡大している感じは伝わってくるよね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村