プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【無能の人・私】カタカムナ第14首~生命細胞に込められた家宅六神(=命の構造)

f:id:mousoumajyo:20211208151550j:plain

無能の人・私の脳に大きな負荷がかかっております。

脳がヒリヒリするぜ~

「なんでかな?」が永遠に湧いてくるタイプなんで

 

 

現在多数の「なんでかな?」を抱え過ぎて整理が追い付かない。

散らかった脳で生きてる私です。

 

 

カタカムナ第14首とは

f:id:mousoumajyo:20211128164715j:plain

 

オホコトオシヲ イハツチヒコ イハスヒメ

オホトヒワケ アメノフキヲ オホヤヒコ

カサケツケノオシヲ オホワタツ

ハヤアキツヒコ イモ ハヤアキツヒメ

 

これがカタカムナ第14首です。

日本神話の「神生み」で生まれた神々の名が

ズラッと並んでおります。

 

第1首からはじまって

潜象界の根源の力が現象化の間に出現し変還を繰り返して

第14首でやっと「オホワタツミ=生命細胞」にまで達したのです。

 

んで、私としては

「オホワタツミ」の前に並ぶ神々の御名が「家宅六神」であることが

とても気になっているのです。

 

◆細胞に埋め込まれた「命のプログラム=建築構造」⁉

日本の神々の関わり、その名を簡単に

f:id:mousoumajyo:20211128163858j:plain

生成神 イザナギイザナミの「神生み」でも「家宅六神」は最初の方に登場します。

それだけ重要ということでしょう。

 

当初私は、単に神々が住居となる「神殿」に並々ならぬ思いを示すことが多いので

「ま~家ってのは自分の世界・空間・宇宙そのものだからなぁ」ってなんとなく

分かった気でおりました…(--;)

 

でも、オホワタツミが家宅六神を経て出現した理由は

「生命細胞に込められた命の構造(設計)ってのは家宅六神が示す建築構造」

であり、ここに私が見落している大事なことが説かれている気がしてならないのです。

 

◆命のプログラム=神殿建築構造

 

 

 

 

 

日本の建築物、特に寺社仏閣やお城を思い浮かべて欲しい。

居住空間でもないのに「門」と「屋根」が立派というか圧倒される存在感を感じませんか?

 

オホワタツミ(生命細胞)の前に並ぶ「家宅六神」が示すのは

  • イハツチヒコ(土)
  • イハスヒメ(砂)
  • オホトヒワケ(門)
  • アメノフキヲ(屋根)
  • オホヤヒコ(屋台骨・屋体骨)
  • カサケツワケノオシヲ=風木津別御忍男(耐久性)

これを見ると家宅・建築物の肝が「門と屋根と骨格」って気がしませんか?

 

日本建築における「屋根」ってのは「頭部」そのものであり

屋体骨は「骨格」で「門」は我と他の境界なんでしょう。

 

私は「居住空間=己の小宇宙」的解釈だったのですが

屋根=頭部こそ「脳=内なる宇宙」であり

そもそもそこを重視する建築が日本建築には見受けられるのです

 

んで、「カサケツワケノオシヲ」って家宅の耐久性を示すのではなく

風が通り、自然と呼吸を合わせる木造建築を示してて

こっちに重要な意味を置いているように思えてきたのです。

 

屋根は閉じた空間(頭蓋)なのですが

もしかして他の部分は閉じた空間にせず

外と調和するように示されているんですかね。

 

建築物としての「家宅」にも重要なことですが

カタカムナが示すものが「生命細胞」の基礎設定だとしたら

私は何か重大なことにまだ気が付いていないのでは…

 

とりあえず、カタカムナ全80首の全体像を抑えてから

ふたたび細部の研究に戻ろうと思います。

まずは全体の地図を手に入れるんや~

 

眠れぬ夜のBBAより

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

よくわかる日本建築の見方 (楽学ブックス)

よくわかる日本建築の見方 (楽学ブックス)

  • ジェイティビィパブリッシング
Amazon