プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第14首~②オホコトオシヲ(大事忍男神)

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

イザナギイザナミの「神生み」で誕生した神々の御名がズラッと並ぶ

カタカムナ第14首の歌が示す内容を読み解いていきましょう☆

 

 

 

カタカムナ第14首を歌う

f:id:mousoumajyo:20211128164715j:plain

「音」に意味があるので声に出して詠みましょう。

 

カタカムナ第14首】

オホコトオシヲ イハツチヒコ イハスヒメ

オホコトヒワケ アメノフキヲ オホヤヒコ

カサケツワケノオシヲ オホワタツミ 

ハヤアキツヒコ イモ ハヤアキツヒメ

 

では、内容を追っていきましょう☆

 

◆「オホコトオシヲ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211129141239j:plain

  • オ(奥深く、広がる、六方環境の)
  • ホ(引き離す、正反発生+親和重合)
  • コ(転がり出入、回転運動、繰り返しの動き・働き)
  • ト(統合、重合)
  • シ(示し、現象、霊性の示し)
  • ヲ(奥に出現する、~を以て、奥にある霊性・精神)

 

上記の「カタカムナ文字」を元に

音の連なり(塊)から意味をよみ解いていきます。

 

◆「オホ」の意味とは

相変わらず「オホ」に振り回されている私です。

カタカムナ 相似」でググると出てくるカタカムナブログの方の

読み解きを参考に「オ=六方環境」と覚え、

てっきり「前後左右+天地」六方の時空間=現象界だと理解してたのですが

どうやら『奥深く』ってのが「オ」の正体のようです(--;)

 

そこで、古語における「オ」ってどんな意味かなと調べたら

”古語で「緒・オ」は命・生命を示す”と知り

今のところは『奥深く(潜象界)にある、生命の源と繋がる環境(間)』

という理解で進めております。

 

創造原理による「創造の作業場・設計・構想の間」みたいなイメージです。

 

次に「ホ」ですが

カタカムナ文字を記号として、「構造・法則性」を研究している中で

「ホというカタカムナ文字は「ハ=正反発生」+「ト=重合」が合わさって

出来てる文字だということに気が付き

『正反発生+親和重合』という意味の示しに納得し

更にこの動きこそ『自然界の基礎』なんだと理解。

そしてこの動きには「思念」が関係しているようなのです。

力やエネルギーが方向性・法則性のある動きをする時、

それは「思念や意図」によるものなのかもしれません。

 

とりあえず「オホ」とは

”奥深く(潜象界)にある生命の源と繋がる創造の間で、

その環境には正反発生・親和重合の力は働いている”

=正反発生・親和重合の性質を持つ環境

って感じで先へ進みましょう(^^;)

 

◆「コト」の意味とは

「コト」=事、言、異、個と

漢字ではなく音が先んじているはずですが参考までに。

 

「コ」=転がり出入、コロコロ回転、個々の、繰り返しの

「ト」=重合+統合

 

ここで、「オキ=立体化」という意味を示すことから

「オ」が持つ物理現象的な意味を足して覚えておきましょう。

「オ=立体化(粒子化)する」という事の示しも含んでいるようです。

 

つまり「オホ」を受けてのここの「コト」とは

”オホから転がり出入る個々粒子たちが、発生・回転運動+重合を繰り返すことで”

 

◆「オシヲ」の意味とは

「オから示されたヲ」とは

奥深く(潜象界)にある生命の源と繋がる世界(間)から

示された「ヲ=四相性をもって発生したモノ」

なんだそうです(難しい)

 

オとヲって音が似てますよね?

似てるけどちょっと違う、カタカムナ文字も示す形は似てるけど向きが違うでしょ。

 

「オ」の立体化=粒子化であり

「ヲ」は「ヨ=四相性」「ヘ=方向性」「ユ=湧き出る」等の思念を持ち

それらをもって立ち上がる=立体化するという意味を持つんだそうです。

つまり前の歌で詠まれていた

『ユヱヌオヲ』の部分で説かれているように

「ユヱヌヲオを以って立体化する」という示しなのさ~

 

◆オホコトオシヲとは

オホのコトによってオから示された「ヲ」

奥深く(潜象界)にある生命の源と繋がる世界(創造の間)の

創造思念・循環を司るエネルギーによる正反発生+親和重合の性質(タチ)により

発生・回転運動・重合を繰り返す個々粒子たち

 

その「オの環境」から示された

四相性・方向性・湧出性・恵みの生命力・目に見えぬ主(核)・奥深い広がり(環境)をそろえて発生(立体化出現)したのも

 

「それは~」と続きで説いてく歌になっているよです。

 

◆「オ」は”へその緒”かも

カタカムナは「生命(特に人間)」の発生の原理を説いています。

だから「オ=緒=へその緒」であり

「オホ」というのは「胎内」のことかも。

 

内界と外界を繋いでいるし、

潜象界の創造の間と現象界を繋いでいる

それはまさに「へその緒」を表現している。

 

んで、すべては「相似象」なんで

創造のプロセスは万物万象みな同じってわけですよね。

この宇宙を創造した潜象の胎内が目には見ないけど

すぐ側に広がっているのかも。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村