プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第14首~⑥オホヤヒコ(解読)

f:id:mousoumajyo:20211109135627j:plain

くり返し、丁寧に「コトノナリタチ」を説いてくれるカタカムナ

本当に超古代日本の叡智であってほしいと思う、私です。

世界の古代文明に負けてないよねっ

 

 

では、進んでいこう☆

 

 

カタカムナ第14首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211128164715j:plain

音、日本語の「音の響き」に隠された物理を体感しましょうっ

 

カタカムナ第14首】

オホコトオシヲ イハツリヒコ イハスヒメ

オホトヒワケ アメノフキヲ オホヤヒコ

カサケツワケノオシヲ オホワタツミ 

ハヤアキツヒコ イモ ハヤアキツヒメ

 

またしても「オホ」だよ~

「オホ」が持つ世界は深く広い

 

◆「オホヤヒコ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211204145444j:plain

  • オ(奥深く(潜象界)の生命の源と繋がる世界(空間)、環境、)
  • ホ(正反発生+親和重合、思念、引き離す、自然界の循環エネルギー)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマニ=フトマリ、ひとつの)
  • コ(転がり出入、コロコロ回転、運動・働き、個々の)

ここから音を連ねて「ことば」にして解読していきましょう。

 

◆「オホヤヒコ」とは

●「オホ」

奥深く(潜象界)にある生命の源と繋がる空間、

その環境は正反発生・親和重合を起こす性質を持つ

●「ヤヒコ」

(オホ)で飽和安定・極限崩壊まで達したヒのコ

※ヒコ=ヒが繰り返し転がり出入したもの

●「オホヤヒコ」

奥深く(潜象界)にある生命の源と繋がる世界(空間環境)で

正反発生・親和重合を繰り返し飽和安定・極限崩壊まで達したヒコである

 

◆日本神話における「オホヤヒコ」神とは

f:id:mousoumajyo:20211128163858j:plain

「オホヤヒコ」神もイザナギイザナミの神生みで生まれた”家宅六神”の一柱です。

『家』というのが非常に重要な領域だと改めて感じますねぇ。

『建築』というのがいわば「場・空間=世界の創造」であるからでしょう。

 

テンプル騎士団とか高度な建築技術持ってたらしいしね。

 

 

 

そんで、もって話を「オホヤヒコ」神へ戻しますと、

オホヤヒコ神は『屋台骨』の神様です。

 

上の図の赤枠部分「家宅六神」をご覧ください。

  • イハツチヒコ(土)
  • イハスヒメ(砂)
  • オホトヒワケ(門)
  • アメノフキヲ(屋根)
  • オホヤヒコ(屋台骨)

ここでだいぶ現象化(万物万象)の骨格=構造が

現れてきた感じしますよね☆

 

いわば、生命の種に生成・成長・繁栄のプログラム中といった

ところなんでしょうか?

まだ、目に見えない状態の中でここまで構造化が進んでいるわけです。

(すげぇ!!)

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村