プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第15首~②アヤミクマリ クニノミクマリ(水分の神)

f:id:mousoumajyo:20211210154612j:plain

①では「動く水」の神二柱と「静水」の神二柱の御名が登場しましたが

今度は「流水を分ち配る」神が登場ですよ~

 

 

さっそく、解読へ進もう!

 

 

カタカムナ第15首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211209142514j:plain

日本語の音の響きと、歌のリズムを感じながら詠んでくださいね~

 

カタカムナ第15首】

アワナギ アワナミ ツラナギナミ

アヤミクマリ クニノミクマリ

アメノクヒサモチ クニノクヒサモチ

シナツヒコ ククノチ オホヤマツミ

ヌツチ カヤヌヒメ

 

流れる水が纏まっていくよ~

 

◆「アヤミクマリ」の一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211210155338j:plain

  • ア(感じる、生命、はじまり、現象化)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊)
  • ミ(実体、光、実、身、生命力の実質、根源の力の変還「ミ」)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • マ(受容、間、真、現象化の間、空間)
  • リ(離れる、対向発生)

では音を連ねて、コトバにして解読を

 

◆「アヤ+ミクマリ」とは

アワナギ・アワナミがツラナギナミとなって

アヤミクマリになるんだって

 

「アヤ」生命のはじまり、現象化の力が飽和限界まで達して「ミクマリ」になる。

「ミクマリ」とは実体化の力・生命力の実質「ミ」粒子が

自由に引き寄り「マリ」になった”生命の実の球”

引き寄り凝集し現象となる「マリ」のこと。

 

◆「クニノミクマリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211210155338j:plain

  • ク(自由に、引き寄る)
  • ニ(圧力、定着)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ミ(実体、光、実、身、生命力の実質、ミの力)
  • マ(受容、間、真、現象化の間、空間)
  • リ(離れる、対向発生)

では音を連ねて「言葉」にして解読を

 

◆「クニ+ノ+ミクマリ」とは

「クニ」⇒(自由に定着)

クニという言葉は「形作る」「現象物」を意味を示します。

そして「国」という現代語から想像できるように「複雑で大きなモノ」や

「小さなモノがたくさん集まって大きな1つの形を成しているもの」といった

イメージが湧いてきますよね。

 

「クニノミクマリ」⇒自由に定着、変還を繰り返した「ミクマリ」

これは「ハコマカクニ(原子・分子)に変還したミナカヌシになるモノ」

なんですって。

 

「ミナカヌシ」=目には見えない生命の核and生命力の源

ミクマリが相当重要なモノだってことがわかってきました。

 

◆水を分かち配る神の御名

f:id:mousoumajyo:20211128163858j:plain

水戸の神 ハヤアキツヒコ&ヒメの子として生まれた「水分の神」が

アメノミクマリとクニノミクマリです。

日本神話では「アメとクニ」が対になることが多い。

どうやら「天と地」「天と国」を指しているようです。

 

天と地の「流水を分かち配る神」の御名がカタカムナ第15首に登場しているわけです~

天の思考と生命力を備えた「水」が地に分かち配られましたよ~

そう「水」に込められているもの…深い世界ですね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村