プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第15首~③アメノクヒサモチ クニノクヒサモチ(水恵神)

f:id:mousoumajyo:20211210154612j:plain

水をくみ上げる器を神格化したとされる対なる神の登場だよ~

カタカムナが示す、その意味とは!?

 

 

カタカムナ第15首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211209142514j:plain

音の響きが重要なので声に出して詠みましょう☆

 

カタカムナ第15首】

アワナギ アワナミ ツラナギナミ

アヤミクマリ クニノミクマリ

アメノクヒサモチ クニノクヒサモチ

シナツヒコ ククノチ オホヤマツミ

ヌツチ カヤヌヒメ

 

◆「アメノクヒサモチ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211210155338j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化、生命のはじまり)
  • メ(思考、指向、芽、渦の目)
  • ノ(時間をかけて、変還する)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマリ、根源の力「ヒ」)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • モ(漂う、次々と)
  • チ(凝縮、持続的に)

ここから音を連ねて解読をすすめていきましょう☆

 

◆「アメノクヒサモチ」とは

「アメ」とは

⇒(潜在界にある)感受・思考の芽、生命の芽、現象の芽、潜象界の思考・指向

 

その「アメ」が変還(ノ)して「クヒサモチ」になる。

 

「クヒサモチ」とは

⇒自由に(ク)引き寄る「ヒ」から割かれて(サ)現象化空間に漂い振動・運動・発生・変還を持続する(モチ)

即ち「現象粒子」ということらしい。

 

つまり、「アメノクヒサモチ」とは

”アメが変還して「現象粒子」になるよ~”って云ってる。

 

◆「クニノクヒサモチ」一音一音の示し

  • ク(自由に、引き寄る)
  • ニ(圧力、定着)
  • ノ(時間をかける、変還する)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、ひとつの、根源の力「ヒ」)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • モ(漂う、次々と)
  • チ(凝縮、持続)

アメノの対になる「クニノ」がきて「クヒサモチ」は同じ響きですね。

意味を解読していきましょう☆

 

◆「クニノクヒサモチ」とは

”「アメノクヒサモチ」が「クニノクヒサモチ」になる”

「アメ」がノして現象粒子(クヒサモチ)となり

それが自由に引き寄り纏まって「クニ(形)=現象物」を構成する

多様な現象粒子(クヒサモチ)になるんですって。

 

常に「アメノ⇒クニノ」の流れですね。

「天の思考⇒地の現象」という流れで万物万象が生成されるわけですな。

 

◆水をくみ上げる器の神=水の恵みを示す神

天之久比奢母智神国之久比奢母智神

f:id:mousoumajyo:20211128163858j:plain

ハヤアキツヒコ・ヒメによって生み出された「水の神」の第7・8神なのです。

「水をすくい上げる器の神格化」だそうで

遂に「天からの恵みの雨=水の恵み」が大地の生成力に活かされようとしております。

大地の生成力だけでなく、地上の生命の生成に変還されていくはじまりですね。

 

ちなみにアメノ=河の水、クニノ=海の水をさすという話もあるんだぜ~

 

やっぱり、日本の神話(古事記)って本当は「科学書」だったりして(‘v‘)

古事記って予言書らしいよ」って噂もあるよね。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村