プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第15首~⑦ヌツチ カヤヌヒメ(野の神&草の神)

f:id:mousoumajyo:20211210154612j:plain

カタカムナ第15首の解読もラストだよ~

最後に登場するのは「野の神」と「草の神」の御名だよ~

 

 

 

カタカムナ第15首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211209142514j:plain

カタカムナは日本の古代声音語であり古代文字(仮)なのだ。

たぶん、声音語が先んじていると思うので

音の響きと、音が示す世界を感受することが大事なはず!

 

カタカムナ第15首】

アワナギ アワナミ ツラナギナミ

アヤミクマリ クニノミクマリ

アメノクヒサモチ クニノクヒサモチ

シナツヒコ ククノチ オホヤマツミ

ヌツチ カヤヌヒメ

 

2つの神の御名を一気に読み解くよ~

 

◆「ヌツチ・カヤヌヒメ」の一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211211163827j:plain

  • ヌ(突きぬく、貫く、目に見えぬ(力・存在))
  • ツ(個々の、津々、集まる)
  • チ(持続的に、凝縮)
  • カ(根源の力)
  • ヤ(飽和する、飽和安定・極限崩壊)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、目には見えない「ヒ」粒子)
  • メ(思考、指向、芽、渦の目)

ここから、音を連ねて言葉にして解読を

 

◆「ヌツチ」とは

目には見えない力・存在である(ヌ)

潜象根源の力の変還した個々粒子(ツ)

関わり・動き・働き・変化が持続されて(チ)

 

潜在する「ツチ」…「つち」という言葉が示すもの

「つち」と聞いて「土」が真っ先に思い浮かぶのも

なにか古代日本の叡智からの大事な伝言なのかも。

 

今一度、外に出て大地を踏みしめ

足元から見直すべきなのかもしれません。

 

◆「カヤヌヒメ」とは

潜象界カムの根源の力「カ」の「ヤ」を

目には見えぬ潜在の力として「ヒメ」ている。

 

”「オオヤマツミ」は「ヌツチ カヤヌヒメ」だよ~”っていってますね。

オオヤマツミ(生命細胞が集まった大きなモノ=生命体・現象物)は

潜象の根源の力「カ」の「ヤ(矢)」を秘めた

「ヒの芽・目」だよ~って云うてますわっ

 

「ヒの芽・目(中心核)」に込められた「カヤ」って…

「進む方向性と関わり・運動を繰り返しながら、

そこへ向かう性質をもったカの矢」ってことだよね、きっと。

 

◆野の神ヌツチと草の神カヤヌヒメ

シナツヒコ(風の神)⇒ククノチ(木の神)⇒オオヤマツミ(山の神)ときて

最後にヌツチ(野の神)・カヤヌヒメ(草の神)で15首は〆られております。

 

野と草が「目には見えない秘められた潜象の力」を示しているとは…意外や~

私たちが思うよりも野と草には大きな力・エネルギーが湧いているのかもしれません。

 

山や木々に潜象根源の力・エネルギーを送っているのが

実は野や草なのかもφ(..)メモメモ

 

15首まで解読してきて

カタカムナ文字の記号的な部分にも注目して

面白いことが見えてきました~(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村