プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第10首~⑤アメツチネ ハジマリ(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

日本語の音が持つ意味…深し。

更に音の連なりがコトバを造り、大きな理を説いている。

日本語が興味深く、優れた構造であると思えてきた私です(嬉しいぜ)

 

 

現在66首くらいまで、解読作業は進んでおりますが

最初は「アメ」「アマ」「アメノ」「アマノ」の違いがよく分からなかったけど

今はそれが理解できるようになったよ~

 

 

カタカムナ第10首を詠む

f:id:mousoumajyo:20211023165209j:plain

声に出して詠んで音を響かせ

その内容を体感していきましょう☆

 

カタカムナ第10首】

メグルマノ ミナカヌシ

タカミムスビ カムミムスビ

オノコロシマ カムナホグ

アメツチネ ハジマリ

 

では最後の部分の解読へ

 

◆「アメツチネ ハジマリ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211101173950j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化)
  • メ(思考、指向、芽)
  • ツ(個々、粒子、集まる)
  • チ(持続的に、凝縮)
  • ネ(時間をかける、変還する、根)
  • ハ(正・反、引き合う)
  • ジ(示し、現象、司る)
  • マ(間、真、現象化の間、受容)
  • リ(離れる、対向発生)

 

個々から音を連ねて「コトバ」にして

意味を読み解いていきます。

 

既にカタカムナ文字で音の塊を示してくれているので

「アメ」「ツチ」「ネ」「ハジ」「マリ」で意味を考えていきましょう。

 

◆「アメ」「ツチ」「ネ」とは

  • アメ(生命のハジマリの間に出た現象・生命の芽)
  • ツチ(アメの個々粒子が集まり凝縮を繰り返し持続して)
  • ネ(現象・生命・万物万象の根となる)

アメというのは、潜象カムの根源の力「カ」が変還して

現象の間に出た「潜象の極微の現象化粒子」なんだって。

 

ツチというのは潜象カムの根源力「カ」が

現象化を起こす極微粒子として

現象の間(空間)に発生・変化し続けていることを示している。

 

ネは「根」であり、万物万象のを生む核である(実~種~根)を示すと思われます。

 

◆「ハジ マリ」とは

  • ハジ(引き合う正反に示され)
  • マリ(現象の間で対向発生を繰り返す)

ハジマリ=現象化のはじまり、万物万象のはじまり、最初のマリ(粒子)

 

引き合う力と反発し離れる力を示す「ハジマリ」だって。

 

◆現代語に当ててみる

”雨・土・根 始まり”

こんな感じでしょうか(^^;)

でも、「生命の創造」って視点で考えると

なんか現代語に当てて考えてみても

意味が通るような気がしませんか?

 

天から雨が降り

土に沁み込み

生物が根を張る

 

「万物万象のはじまりの根」が土に根をはり

生命を生み出すエネルギーを吸い上げるわけですよね。

 

天(現象界)-地中(潜象界)だと考えると

万物万象化する根は潜象カムから無限のエネルギーを

吸い上げているわけですな(^^)

 

面白いでしょ、日本語の音の響きと示し

そしてカタカムナはブロックの様に連なり

そこでできた形がこの世界の創造原理を説いていくのです。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村