プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第11首~②(ネ)イキツチノワ カタカムナ

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

どんどん解読していこう!

日本の超古代文字文献(仮)カタカムナの第11首続きいくよ~

 

 

カタカムナは日本の超古代文字・文献・文明としては「(仮)」状態ですが

私としては日本語の音に「こんな素晴らしい構造があったなんて!!」と

感動ものなので「信じた方が面白い」という判断で向き合っております~

 

カタカムナの歌が示す内容も、

この世界の成り立ち、生命の成り立ちであり

それは「神話」ではなく物理の示しになっているのです~(だから気に入っている)

 

 

カタカムナ第11首を声に出して詠む

f:id:mousoumajyo:20211104141213j:plain

カタカムナとは歌い声音により

物理的にこの現象界に作用させることが大事!

 

カタカムナ第11首】

イハフトヤ ネ イキツチノワ カタカムナ

アマノヒトタマ カミサキサトリ

ニナタマノ ワケミツ イキコトマリノ ワケヨミ

 

声に出して詠んでみるだけでも

何かところどころ意味が浮かんできませんか?

 

◆「イキツチノワ 」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20211104141857j:plain

  • イ(あらゆる生命体を構成する最初の粒子、伝わるモノ、陰)
  • キ(エネルギー、気、発生)
  • ツ(個々の、津々、連なる、集まる)
  • チ(持続的に、凝縮)
  • ノ(変還する、時間をかける)
  • ワ(和、輪、環、調和)

 

音を連ねて「コトバ」にして解読していきます。

カタカムナ文字表記が既に音の塊を示してくれています~

 

◆「イキ+ツチ+ノ+ワ」が示す意味

●イキ

生命粒子+エネルギー=「生き」「生命活動」

生命体を構成するハジマリ・イの粒子の発生

 

●ツチ

(発生した)イの個々粒子が連なり、集まりを繰り返し

⇒「イの発生と凝縮」が持続的に行なわれて

 

●ノ ワ

変還して和を成し現象(生命体・現象・物質)となる

 

◆イハフトヤ ネ イキツチ ノワ カタカムナとは

「イハフトヤ ネ イキツチ ノワ カタカムナ」で大きな意味の塊だと思う。

(潜象カムの根源の力「カ」がヒ・フ・ミ・ヨ・イと変還して)

「イ」の正反(ハ)対向発生して、重合して

極限(飽和)まで進んだものが「ネ(根)」となって

生命粒子イの発生・連なり凝縮が持続して

繰り返されることで粒子が和となり生命を生成する。

 

これが現象化する根でもあり

イの粒子の個々の生命活動(変還・振動・動き)が

総和の生命体の力(生命力)の根にもなってるんだって。

 

このイが集まり変還を繰り返しワとなった

この総和のワの力のヌシが「カタカムナ(潜象の根源力)」なんだって。

 

カタカムナが示すことは一貫している。

潜象界の無限の力=根源力「カ」が

現象の間に「形作る力」と「潜在する生命力」

という2つの力を持ってあらわれるってのが全てのベースや!

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村