プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第21首~④カタカムナ ナミ マリ メグル(解読)

f:id:mousoumajyo:20220117153225j:plain

この部分の「メグル」は次の「オホ」にかかっているのかもしれない

でも「ナミマリメグル」で纏まる感じもするので

 

 

 

カタカムナ第21首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220131163711j:plain

声に出して「音を響かせ」歌を現象化しましょう☆

 

カタカムナ第21首】

イマトハヒトワ ミコニホヤホ

アマツクニ コトミチ カタカムナ

ナミマリ メグル オホト コロ

イモ マクカラミ ヌ フトヤマ

 

では、解読へ

 

カタカムナの一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220131164620j:plain

何度も出てきている「カタカムナ」の音の示しですが

一音一音の示しをおさらい

  • カ(根源の力、はじまりの力、潜象界の根源力)
  • タ(分かれ出る、正反発生)
  • ム(六方環境から、立体化、広がり)
  • ナ(重要なもの、核、何回も、夥しい、変化・多様性)

「カタ」した「カムナ(カム界の現象化の核なる力)」が

ナミマリメグルって云うてます~

 

◆ナミマリ メグルの一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220202150124j:plain

  • ナ(重要なもの、核、何回も、夥しい、変化・多様性)
  • ミ(実、身、実体化、光、生命力の実質、ミ粒子)
  • マ(間、真、現象界の間)
  • リ(離れる、対向発生)
  • メ(思考、指向、芽、目、渦の目)
  • グ(自由な、引き寄る)
  • ル(留まる、止まる、湧きだす、存在する)

ここから「カタカムナの動き」をイメージして

示しの解読へ

 

カタカムナ+ナミ+マリとは

カタカムナ(潜象カムの根源力=多種多様な現象化の核となる力を秘めた無限の力)が

◎ナミ

⇒変化性・多様性を秘めた、夥しい数の「ミ」と成り発生

⇒その「ミ」粒子が「波」となって=「波動性」

⇒生命・現象の核となる(ナ)生命力の実質「ミ」

 

◎マリ

⇒現象化の間(マ)に対向発生

⇒「マリ状になって」=「粒子性」

 

現象化の間で万物万象を生成していくカタカムナの力というのは

「ナミ(波動性)」と「マリ(粒子性)」をもって働く。

 

 

 

 

◆ナミ+マリ+メグルとは

現象化の間に出現した潜象の根源力「カタカムナ」が

ナミとなりマリとなり「メグル」っている。

思考・指向性をもって(メ)自由に(ク)

湧き出し、留まり、示され、分離、消失している(ル)

 

カタカムナの「ル」の文字ですが

「シ」と「レ」の字が同時に示された形になっています。

だから「ル」はシ(示す・現象化)とレ(消失・分離)の意味も内包しているんだと思われます。

 

カタカムナの「ナミ マリ」が

方向性・多様性・変化性をもってアマ現象界を

循環(メグル)している、ってわけですな。

 

◆第21首ここまでの流れ~まとめ

アマ現象界が「イマ・生命の間」として

常に動き・変化を持続しているイマが

イマイマに統合されヒトワ(1つの調和)となっていく。

そこでイマイマにミコニホヤホして

アマツクニがコトミチできるのは

カタカムナがナミとなり、マリとなり

現象化の間をメグルっているおかげ。

 

そして、ここから更に掘り下げた「示し」が!

量子学・素粒子の世界に潜っていく感じなんですが

あなたはこの後に登場する

「イモ マクカラミ」って何だと思いますか??

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村