プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険:カタカムナ】第1首~②アシアトウアン(解読)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

日本の古代ロマン&謎解き冒険バラエティ(?)

【Semiotics】として「日本の超古代文字(仮)・カタカムナ」80首の解読に挑戦中

 

 

私が「カタカムナ」の存在を知ったのはこちらの本

 

でも、こちらの本を買ったのは「神聖幾何学」の立体模型を作りたかった為で

カタカムナはついでに知った”程度でした。

 

んで、軽い気持ちで「どんな内容が書かれているのかな?」と

興味を持ち読みはじめたら~予想をはるかにこえたぶっ飛び具合!

 

ということで、今では「日本の超古代文明(仮)」

の叡智に触れるわくわくを楽しんでおります。

このブログは私の雑学ノートも兼ねているので記録を残していこう~

 

 

カタカムナ 第1首

f:id:mousoumajyo:20210906172908j:plain

 

まずは「カタカムナ 第1首」全体を詠んでからはじめましょう☆

唄なので短歌や俳句のリズムでどうぞ

 

カタカムナ

ヒビキ マノスベシ

アシアトウアン

ウツシ マツル

カタカムナ ウタヒ

 

密教真言でも触れましたが

言葉は「音」の響きが重要です。

たぶん、文字よりも先に口語として音があったはず。

 

日本語の言葉の意味を考える時「漢字」を思い浮かべていた私には衝撃でした!

もともとは「音」から成り立つ言語であるという意識になると

日本語の見え方(認識)も変ってきますよ(‘v‘)

 

ということで第1首の解読のつづきへ。

カタカムナ解読:アシアトウアンとは?

f:id:mousoumajyo:20210914161237j:plain

  • ア(感じる、生命、現象化、現象の)
  • シ(示し、現象、死)
  • ア(感じる、生命、現象化、現象の)
  • ト(統合、重合)
  • ウ(生れ出る、潜象界面から生まれ出る)
  • ア(感じる、生命、現象化、現象の)
  • ン(※かかる音を強める)

80首の唄を詠み進めていくと各音それぞれが「何を象徴・意味・示しているか?」

もっと感じ取れるようになっていきます。

(※現時点で、56首まで詠み進めての私の実感す)

 

ここから音の連なりがつくる意味をよんでいきます。

  • アシ(アの示し⇒生命現象)
  • アト(アの統合・重合⇒生命統合)
  • ウアン(ウするア⇒生命創造)

※生命=潜象界から創造される、現象界に出現した「万物万象」

 

つまりここは

”現象界に万物万象を出現させる、ア(現象化)のチカラ”

ンがかかっているので

その「アのチカラを感受する力を強くする=悟り(を得る)」

という意味も重なっているようです。

 

カタカムナは自分で読み解くことに意味がある

カタカムナの面白いところは

カタカムナ研究家みたいな人が結構いらっしゃいますが

「絶対にこれが正しい」という正解は無いところです。

 

なんせ、カタカムナ人はもういませんし

カタカムナ関連の本を出版されてる方々の解読も

それぞれ違っていて解釈に幅があります(^^;)

 

でも、自分で読み解こうと

カタカムナの唄に向かい合ってみると

短い歌の中に「深い世界」が広がっています。

私が読み解いた感じでは

「この世界の創造原理を物理的にストイックに説いている」

文献であり、私が予想していた「神話」要素はゼロです。

 

ただ、古事記日本書紀にある

「日本の神々」の名前や地名などが登場するので

「あ~あの神さまの名ってこういう意味からきてるのかぁ」と

逆に納得できる、ってのも面白さの1つっす。

 

たぶん、カタカムナって唄に説かれている叡智を

頭で理解するだけじゃなく、感受しないと「理解」に至らないようです。

音であり唄だからね。

 

詠んでいくと1音が示す世界が

どんどん大きく広がっていくので

そこも楽しみの1つです~♪

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村