プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第21首~まとめ「万物万象を構成する5つの要素」

f:id:mousoumajyo:20220117153225j:plain

カタカムナ第21首の中心図が「フトマリ」なのは

やはり複雑な力の関わり合いとは別に

現象界の基礎法則・構造部分を説いているからなのか。

 

 

 

カタカムナ第21首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220131163711j:plain

かなり、重要なことが唄われているので

声に出して音の響きを感受しましょう☆

 

カタカムナ第21首を詠む】

イマトハヒトワ ミコニホヤホ アマツクニ トコミチ カタカムナ

ナミマリメグル オホトコロ イモマクカラミ ヌ フト ヤマト

 

神聖幾何学的な「この世界の構造」を説いてくれてるようです。

 

◆生命力の実質「ミ」による3素量

カタカムナ解読をされている先輩方を見ると

第21首では実際に「ミ」とはどんなものか?が説かれているという。

f:id:mousoumajyo:20220208155016j:plain

  • イカツミ=電気素量
  • マクミ=磁気素量
  • カラミ=力素量

ヒ・フ・ミ・ヨ・イと潜象の根源力が変還ていき

「ミ」でだいぶ素粒子の姿が見えてきましたな。

 

私は最初に出会った本の解説にあった「ミ=光・実体」ってイメージが強かったんで

てっきり「ミ=光子・フォトン」なのかな?と思ていましたが、

どうやら素粒子3種の全体を「ミ」は抱え込んでいるようだ。

f:id:mousoumajyo:20220109152158j:plain

 

ざっくりと私の今の認識だと

こんな感じかな。はっきりした分類ではなくカカワリあって重なってる感じ。

 

カタカムナが説くこの世界(現象界の生成)の構造は、

この3つに加えてあと2つでできているというのです~

 

◆生命・現象(万物万象)を構成する5つの要素

現象界におけるすべての生成=万物万象(生命・現象)は

こちらの5つの要素からできているそうです。

f:id:mousoumajyo:20220208161250j:plain

「トキ」と「トコロ」と「ミ」が融合することで

生命・現象が発生(誕生)するわけですな。

 

つまり我々はトキ・トコロ(現象の時空間)と融合した存在らしい。

トキ・トコロのカカワリ(練り込まれた)の一部でもあるし

トキ・トコロと全体で1つでもあるようだ。

 

蕎麦打ちとか陶芸の土の菊練りみたいに

我々は時空間・環境場に練り込まれ一体となった

全体であり一部なんですなぁ。

 

◆「時間」は文字通り「トキのマ」

時間ってのはベクトルや物差しや「流れているもの」と思っている方は

混乱しないで、聞いてくださいね。

 

カタカムナによれば「トキ」「時間=トキのマ」とは

こういったモノだというのです。

f:id:mousoumajyo:20220208162219j:plain

時間の本質は「トコロ=トキのマ(場)」なのです。

潜象の力が発生・重合・変還を繰り返し、現象化を進める「変化の間=運動の間」であり、その「マ(場)」はイマイマニ変化を続け、ヒトワになっていくわけです。

 

過去とはイマの「ヒトワ」から一部をスライスして顕微鏡でのぞいた感じで、

未来とはイマの「ヒトワ」を見て次のヒトワの形を予想したものでしょうかね。

 

常に「イマ」しか存在しないってのは、よくわかりますね。

 

では第22首でまたお会いしましょう~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村