プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第24首~③アメクニサツチとは(天之狭土神・国之狭土神)

f:id:mousoumajyo:20220131142419j:plain

よーし、アメクニサギリ⇒アメクニサツチへいくよ~

今度は「聖なる砂・土の神」の御名だぜ~

 

 

 

カタカムナ第24首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220215153035j:plain

声に出して、音を響かせ現象化しましょう☆

 

カタカムナ第24首】

アメクニサギリ モコロシマ

アメクニサツチ ソコソギシマ

タケヒワケ

 

アメクニサツチはソコソギシマ⁉

では、読み解いていきましょう☆

 

◆「アメクニサツチ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220215171817j:plain

  • ア(感じる、生命、現象)
  • メ(目、芽、思考、指向、渦の目)
  • ク(自由に、引き寄る)
  • ニ(定着、圧着、圧力)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • チ(凝縮、持続する)

ここから音を連ねまとめ「言葉」にして解読を

 

◆アメ+クニ+サツチとは

アメ・クニは何度も登場しているのでサクッと

「アメ」

=生命・現象の芽

=生命・現象の思考・指向性をもった芽

=生命・現象の核となるモノ

 

「クニ」

=自由に引き寄り(ク)定着(二)したもの

=アメが自由に引き寄り定着し纏まったモノ

⇒「現象物」

 

ここで重要なのは「サツチ」ですね。

「アメ・クニ=天・国(天地)」のように

「サキリ・サツチ」で対を成しているのです。

 

「サツチ」

=差・現象の干渉によって(サ)発生する個々の粒子(ツ)を持続する力

=個々粒子として発生+個々粒子として存在する力

=個として存在する「形を成す・持続する」力

 

天之狭土神国之狭土神

日本の古語、神話における『サ』の音というのは

「神聖な」という意味の示しなんだそうです。

 

つまり「神聖なる砂・土の神」がこの2神の神威

「サギリ」が「霧」で「発生・存在の力」だったのに対し

「サツチ」は「砂・土」で生命・現象が「個として存在」する力なわけです。

 

個として存在、他との境界線として「形を成す・維持する力」を

サツチは示しているんですかね。

 

霧がどこからともなく湧き、姿を消していくの対し

砂土はより物質化・実体化していますよね。

個として存在を確立しながらも、水や風や日とカカワリながら

『育む』力も持ってますよね、砂土って。

 

実体化・実体を維持する力のことであると同時に

他の存在と「カカワリ」を以って現象界で変化してく力でもあるのかも。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村