プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ:第29首 全体まとめ~現象界・生命の根源リズム「3」

f:id:mousoumajyo:20220131144457j:plain

よーし、カタカムナ第29首のウタ全体のまとめ行くぞ~

もう、今回のまとめは私の直感・感受・勘が暴走気味ですが、

 

 

たぶん、そんなに大間違いではないという自信もある。

 

 

カタカムナ第29首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220324153510j:plain

声に出して、音を響かせ歌いましょう☆

 

カタカムナ第29首】

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ カタカムナ

オホワクムスビ ヤタシマ

 

ここに「現象界のリズム」「生命の根源リズム」であろう

『3』の出現を感じた私です。

 

◆ミカヒ~ヤタシマへの流れで示されたもの

「ミカヒシキシマ」で

現象界の間に示された

  • 根源の力(生成力)を秘めた力粒子
  • ミツゴの三素量(イカツミ・マクミ・カラミ)

が「シマ」の状態で間に出現したって云うてます~

んで、どうやらこの「シマ」ってのが「アマナ(生命・現象の核)」だと。

「ハヤタケフツ」で

ミカヒシキシマで出現した「アマナ=生命・現象の核」は

「ハヤヒ=正反に飽和限界まで進むヒ」の力・性質をもって

「タケ=自由な変化性(四相性)をもって分かれ出て

「フツ=正反・雄雌・陰陽等の二相の粒子」を発生させる。

カタカムナ」によって

ミカヒシキシマ ハヤヒタケフツ

を起こしているのも「カタカムナ」の根源力ですが

この「カタカムナ」の力の作用をさらに説明したのが、続く

「オホワクムスビ ヤタシマ」

カタカムナによって、

「オホ=根源の力が現象界の間・六方環境に親和重され」現象生成力となって

ワクムスビ=大きなワから自由に(ク)発生する(ムス)ヒ&枠(複雑で大きな構造体)を発生させる」⇒そして「ヤタシマ=現象物(万物万象)」が発生する。

 

ざっくりいうと

f:id:mousoumajyo:20220326152524p:plain

”根源の力が現象界に出て、現象界の生成力となって

現象の間・その環境に適した万物万象を発生させるんだよ~”

って云うてます。

 

◆オホにより練り込まれる多様な性質

そもそも根源の力「カ」が「ヒ」として現象の間に出現した時、

既に『最初のフトマニ・フトマリ』であり

潜象の力(アワ)と現象化の力(サヌキ)の左右渦まく力のマリ状なわけです。

 

この「ヒ」は現象化の間の「マカ」の作用を受け

「オホ」で現象化の場環境に親和され

  • 正反発生+正反親和をくり返し飽和限界(ヤ)まで進む性質
  • 現象の間で何度もカカワリを続け練られることで変化性(四相性・極限性)を持ち
  • タケフツ(二相・二極の粒子に分離発生)する

んで、ここからまた「タケフツ」した「二極のカカワリ」により

今度は生命・現象の実体が出現するというわけです。

 

「タケフツ」で出現するのは「雄雌」「陰陽」「+と-」といった二相・二極性です。

解読の先人たちによれば場の持つ「自由なカカワリ推進力」と練り込まれた変化性によってここから「雄雌・陰陽による自己増殖機能」の出現を示しているんだとか。

(凄ごすぎじゃない!?)

 

更にいうと「ハヤヒタケフツ」で『遺伝子・染色体あるもの』を示しているんだとか…

(どこからそんな読みになったのだろう…私が無知過ぎて読みが浅いだけか…)

 

ですが、無知無能な私なりに「ピン!」ときた点もあったのです。

 

◆神秘の3~現象界・生命の根源リズム「3」

解読の先人・先輩方の「ハヤヒタケフツ=遺伝子・染色体なるもの」という読みと

「ミカヒ」の音の並びとこのウタ全体の示しから私は閃いた!

 

これは「現象界・生命の根源リズム」として「3」の力が働いていると。

f:id:mousoumajyo:20220326152524p:plain

ミ・カ・ヒの3つの根源力を秘めし粒子と

「ミカヒ=ミツゴの三素量」

f:id:mousoumajyo:20220208161250j:plain

イカツミ・マクミ・カラミの両面からしても

「原子」の構造から考えてみても

f:id:mousoumajyo:20220109150845j:plain

現象界における万物万象の発生には

「3つ要素のカカワリ」があって

それは△のバランスで「1.2.3」のリズムを持っているんじゃない!?

 

更に「古代の宇宙人」シーズン5の#神秘の数字3によると

神秘の数字「3」

”DNAも塩基対3コ集まったものが1つの単位と判明した”

ってサラッと述べられて気になって調べたんですよ。

 

どうやらDNAという体内の遺伝情報の暗号化システムつーのは

塩基対3つで1文字(コドン)となるコード」らしいよ~

 

ガイアの法則では「生命は16ビート」だとか小耳にはさみましたが

私的には「3のリズム」の方がしっくりきます。

 

1・2・3、1・2・3と三拍子で動いてみると

生命って、現象界って根源はポジティブ(陽気)なんだな~って

思えてきております。

 

あんま、纏まってないけど

次回からは第30首へ突入です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

ショパン:ワルツ(全19曲)

ショパン:ワルツ(全19曲)

Amazon