プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第30首~⑦ウヒチニホロシ とは(ウヒヂニ神)

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

ウヒチニホロシ…全然、現代日本語で意味が思い浮かばない…と思っていたら

「ウヒチニ」の部分は神様の御名だったよ~

 

 

 

カタカムナ第30首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220328152237j:plain

声に出して、音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第30首】

トヨクモヌ フツサカルツミ フトナシメシウタ

マリタバネ カブシウキフヌ メグルマリ

ウヒチニホロシ カタカムナ タカマカムスビヌシ

イモイククヒ カミワクサトリ

 

やっと第30首の後半部分に入っていくよ~

「ウヒチニホロシ」とは?

 

◆「ウヒチニホロシ」一音一音の示し

f:id:mousoumajyo:20220404164451j:plain

  • ウ(生れ出る、ウ界面からの発生、潜象から生まれ出る)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマニ
  • チ(凝縮、持続的に)
  • ニ(定着、圧力、現れ)
  • ホ(引き離す、正反発生+正反親和、カムウツシ)
  • ロ(空間、抜ける、連なる、奥からあらわす)
  • シ(示し、現象、司る)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆ウヒ+チニ+ホロシ とは

カタカムナ文字の示し通りに音の纏まりを

「ウヒ」「チニ」「ホロシ」として読み解いていきましょう。

 

●「ウヒ」とは

ウ界面から発生する「ヒ」粒子

カム潜象界から現象界へ発生する「ヒ」粒子

 

●「チニ」とは

(ウヒ)の持続+凝縮+定着

⇒ウ界面からのヒ粒子の発生の持続&ヒ粒子の凝縮+定着の持続

 

●「ホロシ」とは

正反発生+正反親和(ホ)し、連なり奥から出現し(ホ)示される(シ

 

◆ウヒ地ニ(ウヒジニ神)にホロシ

ウヒチ+ニホロシという3音+4音の纏まりだろうと思っていたら

「ウヒチニ=ウヒヂニ神」という神名だったことを知り驚いた私です。

 

しかも、ウヒヂニ神様は神世七代の第三代の神々なのです。

ハジマリの神々に近い特別な神々の一柱なのだ!

 

何の神様かと言うと、漢字の御名前が「泥土根尊」となり

農作物・生命を育む泥土を神格化した神様なのです。

水分と栄養を含んだ土壌なわけですな。

 

何が重要な示しかというと

”「ウヒ地」にヒはホロシする”ってことです。

現象の間において「ヒがウ界面から盛んに湧き、働く地(場)がある」

ってことですよね(☆v☆)

 

現象の間は均等に現象化力が湧く場ではなく、

「ウヒチ」にヒはホロシするってわけです。

生命現象が活発に発生する場とそうでない場があるのですな。

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村