プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第30首~⑨イモイククヒ カミワクサトリとは

f:id:mousoumajyo:20220110164128j:plain

「イモイククヒ」がまた出てきた~

「カミワクサトリ」の前に置かれているということは、重要ってことよね。

 

 

 

カタカムナ第30首を詠む

f:id:mousoumajyo:20220328152237j:plain

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第30首】

トヨクモヌ フツサカルツミ フトナシメシウタ

マリタバネ カブシウキフヌ マグルマリ

ウヒチニホロシ カタカムナ タカマカムスビヌシ

イモイククヒ カミワクサトリ

 

歌の結び部分です。

「カミ ワク サトリ」とか意味深です~

 

◆「イモイククヒ カミワクサトリ」音の示し

f:id:mousoumajyo:20220404164451j:plain

「イモイククヒ」から

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成するハジマリ)
  • モ(藻のように漂う、次々と)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • ヒ(根源から出入、ひとつの、最初のフトマリ、ヒ粒子)

 

「カミワクサトリ」へ

  • カ(ちから、はじまりの根源の力)
  • ミ(実、身、光、実体、生命力の実質)
  • ワ(和、環、輪、調和)
  • ク(引き寄る、自由な)
  • サ(差、遮り、現象の干渉)
  • ト(重合、統合)
  • リ(離れる、対向発生)

では音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆イモイククヒ とは

カタカムナ文字の示しで見ると

イモイククヒ⇒「イモ+イク+クヒ」

3つの言葉(音の纏まり)で記されています。

 

生命・現象粒子「イ」の周りに藻のように漂う(モ)「イククヒ」

生命・現象粒子「イ」に伴って次々打ち込まれる「イククヒ」

 

「イククヒ」とは何か?

イク=生く、育、行く、往く、好く

これらすべての意味を総合すると「より好く生き・成長していく」為の

自由に引き寄り活動する「ヒ」&成長目的地へ向かう「杭」が打ち込まれている。

 

『イ』は生命活動・現象運動を活発にする「自由に動くヒ粒子」を伴い

カム界の意思(意図)に沿った成長(目的)へ向かうための誘導杭が打ち込まれてるんですね。

 

◆カミワクサトリ とは

カミワクサトリ=カミ+ワク+サトリ

カタカムナ文字の示しの通り3つの音の纏まりで読み解いていきましょう☆

 

カミ+ワク+サトリ

脳内に浮かんだ現代日本語がこちら

”神 湧く 悟り”

このイメージも間違ってはいないと思われます。

ただし、カタカムナの示しには

抽象的な「神様」という存在は一切なく

全ては「カム潜象界の根源力の変還」としているので

根源の力の動き・変化の視点から解読を。

 

「カミ」

=潜象の力「カ」と現象・実体化の力「ミ」の2つの力のフトマリのこと

つまり、この宇宙の万物万象を生成するのは「この2つの力のカカワリ」=「カミ」なのです。

 

「ワク」

いくつかの意味を重なり持っているようです。

ワク=湧く、枠、ワ(調和・和・環)+ク(自由に引き寄る)

「カミ」の力が湧き、自由に関わり調和・和して、現象の枠(形)を示す。

 

「サトリ」

=悟り、差をとる

「サ+ト+リ」=差・現象の干渉+重合統合+(正反)分離

 

「カミワクサトリ」

どうやら2つの示しが見えてきました。

①生命・現象を生成する2つの力「カとミ」が湧く原理・法則(悟り)

②「カとミ」の力が現象の間に湧き出てからの動き・変還の仕組みの示し

 

◆「カミ」が湧く2つの場の示し

ここで、あなたは気が付いただろうか?

「カミ ワクサトリ」が示している、カミ湧く「2つの場」を。

 

第30首のここまでの流れを読んでいくと

現象の間に湧く「カとミ」の力と

生命・現象の核=アマナの中に湧く「カとミ」の力

について示されているようです。

 

個々の生命・現象の中心核(アマナ)の内部で

潜象界の根源力と現象界の力の2つが湧き出ているっいうてます。

 

我々は自分の内奥にあるアマナによって

潜象カム界と繋がっているようです。

カム界の無限の創造力と繋がれてるやないか~(凄くない!?)

 

日本の超古代文明(仮)凄くない!?

抽象的な神とか持ち込まんと、淡々とここまで見えてるってすごくない!?

 

「まとめ」につづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村