プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第34首~⑦シマカサネ(シマに注目~島・縞・締る)

第34首で最も注目してほしい一節が「シマカサネ」の処なんです~

「シマ」に注目です!(第37首までずっと注目し続けて欲しい言葉です)

 

 

 

カタカムナ第34首を詠む

声に出して音を響かせ感受しよう☆

 

カタカムナ第34首】

アマツミソラノ アメヒトツハシラ 

サドイホヤマト イヤシロチ タニキビコ

アキツノ イヤシロスベ シマカサネ

オホタマルワケ オホコトオシヲ 

トワチカ フタヤヒメ

 

「シマ」に注目ですぞっ

 

◆一音一音の示し

  • シ(示し、現象、司る、霊性の示し)
  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • カ(根源の力、ちから)
  • サ(差、遮り、裂く、割く、現象の干渉)
  • ネ(根、充電、充たす、地中でエネルギーを受けるも地上からは見えない)

ここから音を重ねて「ことば」にして解読を

 

◆「シマ」とは

「シマ」も何度も登場している重要な言葉です。

”シマ=間に示された(存在・力)・~が示された間”

※基本的にはこう解釈しております

 

そこを踏まえつつ、現代日本語が持つ「シマ」の意味も加えて

”シマ=島(大きなマトマリ)+縞(縞模様=構造・生命のプログラム)”

私としては「カ⇒ヒ・ミ・イ」の根源の力を秘めた粒子の纏まりや波動性のような

イメージで理解しておりました。

 

ところが!

解読の先輩方に「シマ=間が引きシマる」「シマリ=引きシマるマリ」

って意味を唱えている方がおられたのです(はっとした私です)

先輩方の解読によると

”アマ⇒アメ⇒イヤシロスベ”になるアメヒトツハシラの過程で

「マ」が大きく引き締まり(シマ)かたく閉められて

様々な方向性(スベ)に転換して、纏まり重ねられ~”

 

この解説に触れて、私の脳内イメージがグルンっと反転したのです。

もしかして、こういう事だったのか!?と

 

我々の内側(内なる世界・精神世界)が無限の広がりなのも納得!

我々一人一人が「1つの宇宙」って話もこれなら納得できちゃうのです。

 

すごすぎて、今はこれ以上文章で説明できないんですが

「まとめ」までになんとか表現したいわぁ

 

今までの解釈も間違ってはいない気もしており

+αで世界が広がった感じです。

 

◆「カサネ」とは

”シマ+カサネ=シマを重ねて”

基本的にはこのイメージですが、

「ト」の重統合との違いは何なのか?

 

”それぞれの「シマ」が持つ力の差や現象の干渉(性質)が

作用しあって、そこが「根」となり”

更なる「生成」に繋がっていくようです。

 

ただの「重なり」ではなく「作用し合って根になる重合」みたいですね。

今まで以上にカタカムナの世界にワクワクしてきた私です。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村