プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第38首~⑥オホゲツヒメ(食物の女神)

スサノオ尊を誠心誠意「おもてなし」したのに

勘違いスサノオ尊に無惨にも斬られてしまった食物の女神(;;)

その神名の響きが示す「真意」とは!?

 

 

 

カタカムナ第38首を詠む

声に出して音を響かせ感受しましょう☆

 

カタカムナ第38首】

カムナガラ アメクニサツチ アメクニサギリ イヤミソギサネ

アメクニクラト オホマヒコヒメ イヤミソギマリ

オホケツヒメ ヒノヤギハヤヲヒメ イヤミソギワク

 

どうやら「イヤミソギ」を3段階で示して説いてくれている歌のようです。

では「オホゲツヒメ」を読み解いていきましょう。

 

◆一音一音の示し

  • オ(奥深く、広がる環境、六方環境)
  • ホ(ほぐす、引き離す、正反発生+正反親和)
  • ゲ(放出する、様々な変化性を発揮、気配)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ、一つ)
  • メ(芽、目、思考、指向、渦の目)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

◆オホ+ゲツ+ヒメとは

「オホのゲツをヒメて」とウタっているようです。

アマ現象界の現象化の間(環境場)=オホ

 

「オホ」には正反発生+正反親和の性質を持つ間であり

そのオホに(の)様々な変化性を以って粒子化発生する力(働き・作用)=オホゲツ

この「オホゲツ」を秘めたヒのメ、

”「オホゲツヒメ」を秘めて”

 

その先に続く「イヤミソギワク」となるのですな。

 

◆五穀・特に粟に縁の深い食物の女神「オホゲツヒメ神」

あの天界の暴れん坊 スサノオ尊にコロされてしまった

「おもてなしの心」満載の食物の女神さまです。

 

天界を追われたスサノオ尊を受け入れ

「おもてなし」しようと食物の神である

オホゲツヒメ神は体中から食物を生成(排出)した。

そして豪華で美味な食事を振る舞ったのです。

 

日本の神というのは排出物という形でモノを生みだしますが、

オホゲツヒメ神も御身の鼻・口・尻という穴という穴から排出する形で

美味しい食物を生成するのです。

 

天界の我儘ボーイ 素戔嗚尊がその食物生成姿を見て

「そんなもの(汚物)を俺に食わせやがって」と怒り

オホゲツヒメを斬り殺してしまったわけです(;;)

 

そんでな、オホゲツヒメは最期の力で

五穀と蚕をその身から生成してくださり

その恩恵を地上の人々が今も受けているってわけです。

 

話は長くなりましたが

そんな食物・五穀の神・オホゲツヒメですが

中でも「粟・阿波の神」として「粟=アワ」と縁が深いというのです。

 

何がいいたいかというと、

「オホゲツヒメ」の力(働き・作用)ってのは

「アワ性(潜象の力)」だという事!

それが日本神話に示されているという驚きっす。

 

んで、「イヤミソギワク」までにもう1つ秘めるものがあるんだぜ~

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

国産 もちあわ 150g

国産 もちあわ 150g

  • 豆・雑穀の専門店 すずや
Amazon