プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【古代日本謎解き冒険】カタカムナ第40首~(トヨウケヒメヌ)イカツチヒビキ

イカツ」の「チ(持続)」であろう「イカツチ」ですが

ヒビキが続くことで「雷鳴」のイメージが湧いてきませんか?

 

 

カタカムナ第40首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第40首】

カムナガラ トヨウケヒメヌ イカツチヒビキ マノネカタカムナ

イハサクネサク イハツツヲ マリタバネ ミカヒハヤヒヌ

ケイカツチ タケフツノムスビ

 

では、読み解いていきましょう。

 

◆一音一音の示し

イカツチ ヒビキ」

  • イ(伝わるもの、陰、あらゆる生命体を構成する最小・最初のハジマリ)
  • カ(根源の力)
  • ツ(集まる、個々の、津々)
  • チ(凝縮、持続的に)
  • ヒ(根源から出入、最初のフトマリ)
  • キ(気・エネルギー、発生する)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

イカツチ ヒビキ とは

カタカムナ文字の示しを見ると

イカ」「ツチ」「ヒビキ」となっています。

 

イカ

=陰の気、陰のエネルギー(生命・現象化エネルギー)

=生命・現象を構成する「イ(イ粒子)」が持つ根源力

=電気エネルギー

 

「ツチ」

=個々粒子としての発生の持続

=(イカ)の個々粒子が集まり、凝縮して

 

「ヒビキ」

=根源から出入る「最初のフトマリ=ヒ粒子」を次々に発生し

 

つまり、

根源の力を秘めた「現象化粒子・イ」の粒子化・発生が持続して

集まり凝縮して「ヒ粒子・フトマニフトマニ)」を次々に発生させる。

 

ざっくり云うと「イカツ(電気粒子)の発生の持続、その時イカツの中でヒビキが起き

ヒを盛んに発生させている」ってことらしい。

 

イカツチがヒビキを起こし、

ヒビキが中で起きているからイカツの発生も持続している。

(すでに自己繁栄システムがオンになっている感じですな)

 

トヨウケヒメヌ 雷・響き

イカツチ」を現代日本語でイメージした時

イカチ=雷」がボン!と湧いてきた。

 

後ろに続く言葉が「ヒビキ」だから

なおさら、「雷鳴」をイメージさせてくる。

 

イカツチヒビキ=雷響き(雷鳴)と捉えると

前にある「トヨウケヒメ」もイメージが「こう」変わってくる。

  • 豊かな(トヨ)+雨気(水気)を秘めた⇒雷
  • 豊かな+界面からの発生力(空間を貫く力)を秘めた⇒雷

豊かな雨気(水気)=天(アメ)の力を秘めた雷!

それが「イカヅチ」、そのイカツチのヒビキが何を起こすのか!?

 

次に続く部分が、また更に興味深いのです。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村