プロ独女のライフハックブログ

BBA独女みつまるが「今」気になることを追いかけ綴る人生冒険日記

【古代日本謎解き】カタカムナ第58首~①カムナ マニマニ とは

よーし、では「音の響き」からの解読いくぞ~

 

 

 

カタカムナ第58首を詠む

声に出して音を響かせイメージしましょう☆

 

カタカムナ第58首】

カムナマニマニ カミワケノウタ

オホトタマ タマル アハチ ホノサワケ

 

では、始まりの「カムナマニマニ」から解読をスタート。

 

◆一音一音の示し

カムナ

  • カ(根源の力、力)
  • ム(無・無限の、広がる、六方環境から立体化)
  • ナ(核、重要なもの、何回も、夥しい)

マニマニ

  • マ(間、真、現象界の間、受容)
  • 二(定着、圧力、圧着、現れ)

ここから音を纏めて「ことば」にして解読を

 

カムナマニマニ とは

カムナ

”カム界の根源力(無限の力)が潜象の核となって”

マニマニ

(そのカムナの意のままに)

カムナが「間=現象の間」に定着を繰り返す”

それが「カミワケノウタ」に繋がるわけです。

 

◆古語で読む「まにまに」

古語辞典を引くと、「まにまに」は

  • ~のままに
  • ~に任せて
  • ~に従って

という意味が示されてります。

「~」の部分には「カムナ」がくるので

 

カムナのままに」「カムナに任せて」「カムナに従って」となるわけです。

ここで私は「カムナ」には「カム意」が在る(宿っている)と思うに至ったわけです。

 

そのカム界の「意(意思・意図)」を人は「神」と呼ぶのかもしれません。

確か…上代では「神=カム」と呼んでいたとか、

という事は「カム」が示す神とは

  1. 造化三神
  2. 別天津神
  3. 神世七代
  4. イザナギイザナミがちょうど境界

このどれかではないかと思うのです。

最有力は「別天津神」かと。

 

(つづく)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村