プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【日本の古代謎解き冒険】カタカムナ第7首③タカミムスビ(≒高御産巣日神)

f:id:mousoumajyo:20210906174613j:plain

造化三神の第二の神の名が登場ですよ~

タカミムスビ」という音の響きはどういた意味を示しているのでしょうか?

そこには、とても深く面白いことが示されておりました。

 

 

 

◆まずはカタカムナ第7首を詠もう

f:id:mousoumajyo:20211010162523j:plain

日本語の音は唄となって響く為にあるのじゃ~

和歌に短歌に俳句と日本人が歌を愛するのは

そこに古代からの叡智が受け継がれているからかも。

 

カタカムナ第7首】

マカタマノ アマノミナカヌシ

タカミムスビ カムミムスビ

ミスマルノタマ

 

音を響かせ唄おう!

それから意味の読み解きへ

 

◆「タカミムスビ」一音一音の意味

f:id:mousoumajyo:20211014174326j:plain

  • タ(分かれ発生、独立発生)
  • カ(根源の力)
  • ミ(光、実体、実、生命力の実質)
  • ム(六方環境から、広がり)
  • ス(一方へ進む、透けた目に見えぬ状態)
  • ヒ(根源から出入、最初の潜象のマリ)

 

一音一音の意味を含みつつ「タカミ」と「ムスビ」と

音を繋げ言葉にして意味を読み解いていきましょう。

 

◆「タカミ」+「ムスビ」の意味

「タカミ」という音のまとまりがつくる言葉の意味とは?

  • タカ⇒「現象」を示す
  • ミ⇒「実体・実質・実」

これに「ムスビ」がつながり1つの言葉になるわけです。

 

「ムスビ」という言葉が古事記日本書紀にも

神の名を通して出てきますが、その意味は「生成力」だそうです。

カタカムナの一音一音の示しから考察しても

「潜象のヒのマリの出現」=発生ですよね。

 

どうやら「タカミ+ムスビ」で「現象・実体の生成力」を示すようです。

このことを『生命体を構成する現象アマのサヌキのチカラを発生するヒ(粒子)』

と解読している方がいて、なるほどなぁと思いました。

 

タカミムスビ高御産巣日神

日本の造化三神(最高クラス)の第二神

高御産巣日神タカミムスビノカミ)が

  • 高天原の最高司令神であり
  • 生成力の根源神

とされているのとピッタリと繋がり合わさりますね。

 

次に「カムミムスビ≒神産巣日神」を見ていくことで

どうしてこの2神が遂になって登場したか納得できますぞ!

 

つづく

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村