プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【人生攻略法】人の本音は行動に現れる・金持ちや美人が好かれる理由と勝つ方法

 お題「マイブーム」

 

f:id:mousoumajyo:20180818100819j:plain

どうも~日々進化を遂げる不屈の精神の塊ことプロ独女みつまるです。

人生攻略法を研究して最近納得したことは

人の本音は行動にあらわれ、それは精神的な理想と異なる。

現実的行動はどこまでも物理的世界に適応するように本能が強い。

 

 

ここまで読んでお分かりのように、

精神論的「人として」の理想と

物理的な世界で生きていくときの

結果としてとる行動は別物であるということ。

 

物理的世界を生き延びるために人がとる「行動」という

最終意思決定は理性よりも本能がどうしてもの強くなる。

理屈よりも感情の判断が強い。

 

ここがわかってきて

だいぶリアル人生ゲームの攻略法が見えてきたよ!

 

好感度が高く人から好かれる人ほど人生は豊かになる仕組み。

人の感情を揺さぶり印象に残る人ほど影響力もつ仕組み。

ここまでは既にわかっていた。

 

今回は「人は外見より中身」ということは

みんな当たり前にわかっていても

結局は外見や能力や何を持っているかで

「より良いモノを持つ者」が好かれる理由を書いてみる。

ここに納得できると

自分が何を装備すればいいか自然と勝つ為の道が見えてくるよ。

 

 

 

精神的理想論と物質世界の現実は別とする

これだけ、

この2つをきちんと分けるだけで

あなたはものすごく生きやすくなるよ。

それに目の前の現実を正確に認識し

自分に活用できる。

 

この辺の話にも通じるんですが

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

目の前に見える現実ってただの現象なのね。

多くの人の最終決定された意思による行動の結果が

集合体となって目の前の現実になっている。

 

だから現実そのものに「いい」も「わるい」もないのね。

単なる現象だから。

 

そこに「いい」「わるい」を色づけちゃうのは

あなたの感情なわけ。

んで特にそのあなたの感情のもとになっているのが

あなたが持っている理想なのね。

 

「人はこう在るべき」

「世の中はこうあるべき」

 

といった理想ね。

この理想はあったほうがいいんだけど

あくまで個人の理想であって他人に押し付ても

他人をコントロールできないのでストレスになるだけ。

 

あとね、ここ重要なんだけど

割とほとんどの人が精神的な理想は実は似ているの。

私が多くの人にあった体感だけどね。

たぶん実際にあってない人たちでもネットの発言見てると

みんな精神的な理想は似ていると思う。

 

・人は心が大事

・人は助け合うべき

・人は自由で平等であるべき

・人を差別してはいけない

・争いの無い平和な世の中

・正しい善き人の世界

・お金よりも愛が大事

 

まーこんなところかな。

とにかくみんな実は精神的理想は良識的なのよ。

 

 

でも、私たちは物質的世界に生きているから

生態系の一部として生き残るために本能の判断が強いのよ。

  • 食べないと生きていけない
  • お金がないとモノが買えない
  • より優秀な遺伝子をこの世に残したい
  • より優秀なパートナーを得たい
  • より豊かな暮らしをしたい
  • 健康で長生きしたい

 

肉体を持って生きている以上

大きな社会構造な中で生きていく以上

モノは必要だし制限があるじゃない。

ここがもう精神世界の理想が通じない要因。

 

私たちは聖人になるために生きているのではなく

「生き残るために生きている」。

今はだいぶ身の危険は少ないから

「より豊かに生きるために生きてる」感じね。

 

「今より豊かに」という思いはより強い子孫を残したい

命を繋ぐ本能からきているから強い影響力もっている。

そして物質的世界においては

どの人も「自分が生きる」ことで精いっぱい。

だって生きるって大変だもん。

 

生きるためには食糧や家やモノが必要で

モノを得るにはお金が必要で

お金を得るには頭も肉体も使って

人と関わりながら生きていかねばいけないけど

ストレスもたまる。

 

肉体があるって精神世界とちがって「制限」があるからね。

 

精神世界は制限のない思想の世界で理想を存分に描けるけど、

現実の物理的世界はいくつも制限がある中で生き延びるサバイバル。

 

こう思うと

自分の中にある理想の世界と現実世界のギャップに

イライラしなくなるんじゃない?

 

 

物質的現実世界は「ない」より「ある」が強い

 

さて、精神的な内面の理想論と切り離したところで

現実世界の法則を見やすくなったはず。

 

物質的現実世界では

「ない」より「ある」を人は好む。

  • 食べ物がないよりあるほうがいい
  • お金がないよりあったほうがいい

「ない」という状態は「不安」なのだ。

 

 

また「ある」という状態の中では

「より良いモノ」を求めるようになる。

より良いモノを求めるからこそ

社会は発展してきたかし、より良いモノを求めるのも本能。

 

技術も発展してきたし、

人の能力も常に向上している。

 

これは人が人を見る時も同じ。

「ない」より「ある」人が魅力的に見えるし

「ある」中でなら「より良いものを持つ人」に心惹かれる。

 

 

金よりも愛、モノより心は論点がズレている

 

こういう思いを自分の心の中に持っているのはいいんですが、

その自分の理想を現実の物質世界に押し付けても

精神世界と物質世界のモノなのでそもそも比べられないのだ。

 

比べようがないので、目の前に見えることが

多くの人の本音と思って受け止めた方が早い。

 

私はここでずっとモヤモヤしていた。

「金より愛、モノより心」というこだわりが

世の中を汚く見せていたし、嫌だなと思ってた。

 

そんな中昨日ふと思ったのだ。

例えば恋愛において本当にモノではなく愛だけでいいならば

究極の問いとして肉体のない人を私は愛せるだろうか?

 

好きな人が貧乏でもいいし、

好きな人の毛がなくてもいい、

けど肉体はあってほしい。

 

と思ったら急に

「~でもいい」って思ってるってことは

「本当はあったほうがいい」って私も思ってるんだなってわかった。

 

 

 

やはり物質世界において「ある」ということは強力なのだ!

そして「ある」中では「より良いモノ」が強い!

それが現実の単純な法則。

 

好感度高い人が何を持っているか研究すべし!

目の前の現実を現象として観察し

好感度の高い人が何を持っているか研究するのだ!

 

わかりやすい傾向でいえば婚活市場で感じたのは

男性ならお金・地位・整った外見、

女性なら整った外見・可愛らしさ・胸・若さ

これらを持った人は強い。

 

ここに更に優しさ、思いやり、気遣い、聡明さ、生活力とか

「ある」と最強になれる。

 

ただやはり

物質世界では目に見えてわかるモノが強いよね。

見た目の印象は本当に影響力が強い!

 

好感度高い人になる装備をしよう

見える部分から真似しよう!

人柄や心は外から見えにくいからそこは「笑顔」でカバー。

 

好感度高い身近な人、

好感度高い有名人、

自分が憧れている人、

とにかくわかりやすいところから

自分に足りない装備を見つけて

装備しよう!

 

金持ちや美人に並ぶ方法

 

金持ちや美人が好かれるなら

金持ちや美人になるのが手っ取り早い。

がそう簡単ではない。

 

私は今ここを研究している。

金持ちや美人に並ぶか勝つ為には

「影響力」を持つことかなと今は思っている。

 

圧倒的な存在感を示せたら勝てそうだ。

圧倒的な個性とかユーモアとか

とにかくこれからは「何かをつくりだせる人」が

多くの人の心を掴んでいく傾向どんどん強くなると思う。

 

人を魅了する術を身につけよう!

現実をよく観察しよう!

 

今日も1つ潜入してくるので

大勢の中のひとりとして観察してきます。

 

じゃーねー、みつまるでした。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村