プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

ドラマ「ロア2」第6話:ロケットの父の科学とオカルトの境目融合地点~覚醒の2大ツールはいつの時代もかわらない

ジャック・パーソンズ: 悪魔と神

ジャック・パーソンズ: 悪魔と神

 

私は科学でマクロに世界を観ていっても、

ミクロに世界を突き詰めていっても

なんなら文学やアートで突き詰めていっても

人はその扉の前に行きつくと思っている。

「GOD」

 

 

神様という人型の絶対的存在というよりは

「この世界を創っているモノ(意志)」みたいなものだと思う。

 

だから私は科学とオカルトはジャック・パーソンズが言うように

実は大きく見ると同じともいえるし繋がっているともいえると思っている。

 

ただオカルトはものすごく人間の内部世界が強く影響しちゃうので

科学よりは万人共通の法則を導き出せないし、再現性は低くなるはず。

 

この辺の深堀は置いといて

今日はこの「ロア2 第6話」を観て

人間は不変なんだなと思った部分を書いていこうと思います。

 

 

 

 

人が別次元世界を覗き見る不変の覚醒2大ツール

 

人が肉体を超え、

物質世界を超えて、

異世界を覗き見るための方法に使われる道具が

大昔から現在までまったく変わっていないのです!

 

覚醒の2大ツールは不変なようです。

  • 薬(薬草)
  • セック〇

この2つが人が肉体や物質世界の縛りを超えて「とぶ方法」らしい。

 

肉体と理性は脳の制御装置なのかもしれないですな。

たぶん肉体と物質世界からはなれ異世界を覗き見た時

「浮遊感」があるはず。

重力の縛りから解放されたような感覚。

 

デイビット・コンウェイの魔術書を読んだ時にわかったのです。

 

魔術 実践篇

魔術 実践篇

 
魔術 理論篇

魔術 理論篇

 

 

昔の魔女たちがどのように空を飛んでいたか?

書いてあったんですが

要は覚醒効果のある薬草で意識を飛ばして

肉体を脱いで魂でとぶんだそうです。

 

なるほど。

これで肉体から離脱できると

なんと!

時間も自在に行き来できるそうだよ。

つまり過去や未来を自在に覗きにいけるんだって。

 

魔術の始まりは自然科学の探究からだと思っているので

私は個人的に「なるほど」って納得しました。

薬草や自然に関する知識ある人達の集まりだしね。

 

そんでもって、「ロア2第6話」では

ロケットの父といわれる科学者が子供の頃に魔術でみた異世界が忘れられず

オカルトにのめり込んでいく様子が描かれています。

 

 

未知の不思議な力が科学を進化させ続けているのかも?

 

科学の進歩の原動力は

オカルトに通じる「未知の不思議な力」の存在かも?

 

肯定するにも否定するにも

そのためには科学が圧倒的に進歩しないと証明できないから。

 

陰と陽みたいな表裏一体の関係なのかもしれないっすよね。

 

あなたはどう思いますか??

 

この再現ドラマで見るロケット開発の様子に

ものすごい進歩の加速度がすごかったんだなぁ・・・と感じました。

はじめの実験シーンとかペットボトルロケットみたいなの飛ばして

喜んでいたし・・。

 

 

赤と血も人を覚醒前の興奮状態に導くようだ

 

薬とセック〇ほどの覚醒力は無いのですが

その前段階の「興奮状態」に導くものとして

「赤い色」と「血」が再現ドラマでは強調されていました。

 

特に男性は

女性の肌×赤の組み合わせに興奮スイッチが入るようです。

 

野生動物が血を見て興奮する現象に近いんでしょうか?

私はてっきり野生動物が血で興奮するのは「ニオイ」の方だと思っていました。

 

気になることを拾い集めていくと

結局私も混沌の渦にのみ込まれてしまうので

今日はこの辺で。

 

あっ、ちなみにデイビッド・コンウェイの魔術書は

学術的に書かれているので

理論編だけでも読むと面白いですよ。

 

 

魔術 理論篇

魔術 理論篇

 

 

では、また~☆

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

ロケットと宇宙開発―決定版 (Gakken Mook 大人の科学マガジン別冊)

ロケットと宇宙開発―決定版 (Gakken Mook 大人の科学マガジン別冊)