プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【理不尽な世の中攻略:お金編】お金儲けって?~A:貧困から正しい心で儲ける方法は二宮金次郎に学ぼう!

f:id:mousoumajyo:20190327180515j:plain


「失敗図鑑」を読んでいて知った!

二宮金次郎って結局勉強しまくってどんな仕事した人なのか?

めちゃくちゃ凄いよ!! 勉強した後のことを子供たちに教えるべきだよ。

 

 

どうも~二宮金次郎を師とすることに決めたプロ独女みつまるです。

【理不尽な世の中攻略:お金編】も長いシリーズになってきたね。

 

今回の話は前回の「お金儲けって Q:搾取側にいくしかないのか?」

のA・アンサーになっております(^^)ふふっふ

 

dokujyolife.hatenablog.jp

 

自分の持つ知識や経験や技術や得意なことを どう活かして

社会の問題を解決できるオリジナルの付加価値商品を創造するか?

の参考になるよ!

 

二宮金次郎さんの生き様から大きなヒントが得られるよ。

 

先にA・アンサーを完結に

  • 豊富な知識と
  • 知識を活かす知恵と
  • 正しい心

で社会の問題や人の困っていることを解決できれば

自分も社会も経済的に豊かにできるってよ!

 

よかったよ(;;)

安心したよ(;;)

 

f:id:mousoumajyo:20190327182159j:plain

悪魔に心を売らないでよかった

二宮金次郎の偉業を知るきっかけになった本がこちら。

 

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

 

 これを読んだ時は二宮金次郎の失敗談にばかり気をとられていたんですが

2回目読んだ時に「この人、すごいっ復興の神や!!!」って気が付いたのです。

 

 

 

 

二宮金次郎は貧困と闘う超苦労人

 

Motif.スマホスタンド(二宮金次郎) SR-1071-190

 

小学校の頃 校庭に二宮金次郎像があった世代の私です。

なんかね「すげー勉強家だった」って印象しかなくて

実際に大人になってなにした人かは全然知らなかった。

 

農家に生まれ父を14歳で失ってからは

一家の大黒柱となって働くのです。

 

天災や災害で田畑を失ったり

家族バラバラに親戚や知り合いの家の下働きになったり

そりゃー苦労しまくりの働きまくりなのよ(;;)

 

でも勉強したくて昼は薪を運びながら本を読み

夜も遅くまで本を読むのよ。

お世話になってる家の主に夜灯りように油を使うと

嫌な顔をされるの。

そこで金次郎はなんと!自分で裏の空いた隅の土地で菜種をつくり

菜種油を採取するのよ(@。@;))

 

すごいわ、知識を活かしてモノをつくり出す知恵を持っているのよ。

これが「生きた知恵ってやつか!!」って感動した。

 

こんな話は序の口で

彼の勉強と経験によって得た知識はどんどん

素晴らしい知恵となって自分も周りの人も救っていくのよ。

 

 

貧困の民を救い自分も犠牲にならない知恵による善行

 

私が「おお、これだ!」と思ったきっかけのエピソードです。

 

貧しい女中に「お金を貸してほしい」と頼まれた金次郎は

彼女にお金を貸しても貸したお金は戻ってこないことを承知でお金を渡します。

 

これだと単なる「慈悲深いいい人」で自分が犠牲になって相手を救っただけですよね。

それでも充分すごいんですけど

これだと結局はどっちも豊かにはなれませんよね。

貧しくなる一方です。

 

二宮金次郎のすごいところは

お金を貸す代わりに料理を使う時の薪を今は5本使っているが

3本でも同じように火が使える方法を教え、余った2本を貰う約束を

女中と交わすのです。

 

そんで食事の支度の度にもらう薪を売って彼女に貸したお金を見事に回収するのです。

お金が回収できれば今度その余る薪は彼女がお金に変えればいいのです。

 

こうして金次郎は自分の知恵で貧しい人を救うようになったそうです。

 

お金に困る人を多く救った結果

もっと大きな事業を任されることになるのです。

 

 

天災や貧困にあえぐ村を600以上も救った農村復興家

 

二宮金次郎が救ったのは実は600以上の農村だけではなく

財政何の武士の家や親せき縁者の家も救っているのです。

 

今で言う個人の家計を助けるファイナンシャル・プランナーのようなことから

地域復興という大きな仕事までとにかく「立て直し」に尽力したのです。

 

実はこんなにすごい再建の神様 二宮金次郎の言葉と仕事 (じっぴコンパクト新書)

実はこんなにすごい再建の神様 二宮金次郎の言葉と仕事 (じっぴコンパクト新書)

 

「その人の持っている力をどう活かすか?」を常に考えていたそうです。

台風や天災続きで不作の中、

重い国税に悩みすっかりやる気をなくしている

村人たちをやる気にするところからはじまり、

個人個人の能力を活かせる仕事のやり方や節税方法を教え

上には不作の時は税金を安くしてくれるよう交渉までしてくれたのです(;;)

 

もっと話したいことあるんですが

それは「理想の上司論」で書こうっと。

 

そんな彼がどんな失敗したかも是非「失敗図鑑」で読んでみて。

この失敗エピソードもいい生きるヒントもらえるから。

 

 

知識と知恵と正しい心で困っている人を助けるとドカンと豊かになる

 

なんでドカン!と豊かになるかというと

二宮金次郎は貧困にあえぐ村を救い

  • 村人をやる気にさせ
  • 収穫量を増やし
  • 節税したとしても更に収穫が増えたので国に治められる税も増えた

と関わる人、村、国の全部をまるっと豊かにしたのです。

 

誰かの富やお金を搾取するのではなく

経済を豊かにしたのです。

 

知恵と知識と正しい心で問題を解決すると

搾取して人を食いつぶしていく何倍も豊かになるのです!

今在るお金を人から奪うのではなく

生産性を高め世の中を豊かにできるってことですよね。

 

φ(..)メモメモ

なんかね

すごーく、いいことを教えてもらった気がします。

なんせ私はまさに今 「税金と社会保障制度」について

詳しく仕組みを調べ始めたところなので。

 

 

では、また~「理想の上司」としての二宮金次郎編もいつか書くわ

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

親子で学びたい二宮金次郎伝 (不運を幸運に変える生き方・考え方)

親子で学びたい二宮金次郎伝 (不運を幸運に変える生き方・考え方)

 
二宮尊徳の経営学 (PHP文庫)

二宮尊徳の経営学 (PHP文庫)