プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】復讐者のメロディ~感想:頼られる人は摩耗しながら人を救う

復讐者のメロディ(字幕版)

心にじんわりとした痛みが広がる映画です(;;)

 

 

「頼られる人」の生き方を客観的に覗き見た感じ…

「頼られる人」がどんなに摩耗して人を助けているのか、を

復讐者のメロディ(字幕版)

復讐者のメロディ(字幕版)

  • ローランド・ムーラー
Amazon

 

 

【映画】復習者のメロディ~あらすじ

心に「冷たい青い鳥」を抱える男・ダニー

出所したばかりのダニー

狩り宿としてしばらくモーテルに住むことに

 

無口で周囲とあまり関わりをもたないダニーだが

モーテル経営のシングルマザーとその娘クララと親しくなっていく。

クララの父は現在、服役中でわけ有。

クララは父を慕っており、面会を希望するが母がそれを許さない。

そんなクララはダニーにどこか「父の面影」を重ねていて

ダニーにしつこく付きまとってくるため

ランチを一緒にしたり、だんだんと交流が深まっていく。

 

この街でレストランの洗い場の仕事を見つけ

それなりに平穏に過ごしていたダニーだったが

ある日、男に暴行され倒れていたクララを助けると

これまで彼の心に静かに眠っていた「Blue Bird」が

目を覚まし動きだしてしまう…

 

そして、クララに暴行した男を見つけたダニーは…

 

※以下、ネタバレ有の感想・考察となります

 

ダニーの心に棲む「青い鳥」

なんかね、ダニーの生き方がとても悲しかった。

いい人過ぎて、情にもろい故に

人の悲しみや痛みが自分毎になってしまうから

無口で人と距離をとっていたんだろうなぁ。

 

それに、これまでどんな修羅場をくぐってきたのかは

分からないが 「怒り」の感情に火がともると

どんどん燃え上って自分でも抑えられない「凶暴性」が…

 

せっかく出所して、平穏な生活を手に入れかけていたのに

クララを暴行した男を見つけると再び「闇」へ深く堕ちていってしまう。

 

あの凶暴性+残忍性を抑えるために

できるだけ感情が揺さぶられないように

人と距離をとっていたのか?

 

優しい人っていうのは、その分「怒りの人」でもあるのだ。

感情が大きく動く人なのだ。

 

薬の売人たちに襲撃された時のダニーの闘い方必見です。

とっさにあの行為ができる人はなかなか…のモノです。

 

「頼られる人」は摩耗しながら人を救う

私はどっちかっていうと「頼る側」なんで

こうして「頼られる人」ダニーの生き様を見せられ

なんだが心が痛いです(;;)

 

頼られる人って、こんなに摩耗しながら

身と人生を削りながら人を助けて生きているのか…

 

「失うモノ」多すぎじゃない!?

安易に人を頼ってはいけない…と心に刻んでおきました。

 

ダニーを父の様に慕い「頼る」クララに

ダニーが最後にいったひと言が重くささります。

「泣くな、もう子供じゃないだろ、しっかりしろ」

 

自分の人生を棒にふって助けた後にこのセリフ…かっこよすぎだろ。

そして、重すぎる言葉だろ。

 

どこかで静かに平和にダニーが暮らせていたらいいなぁ。

そんなかすかな希望を持たせてくれる終わり方だったね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村