プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】世界侵略 ロサンゼルス決戦~感想:敵の正体~凄まじき戦闘(私なら20回は絶望している)

世界侵略:ロサンゼルス決戦 (字幕版)

戦闘シーンが凄まじい…ブラックホークダウン思い出した。

気になるのは「敵の正体」です。

彼らは「何と闘っていたのか?」

 

 

邦題がイマイチ感あるんですが

この映画自体はめっちゃ面白いです。

 

 

映画 世界侵略 ロサンゼルス決戦~あらすじ

2011年8月12日

世界中が戦争状態に

未知の敵による組織的な軍事侵略が進行中

 

交戦24時間前

世界は平穏そのものだった。。

「流星群が見られる」との予報がニュースで告げられるが

その流星群に見えたものが実は敵の兵器だった!?

 

軍の英雄であり、その作戦により部下を死なせてしまったことで

仲間から冷たい目線を浴びていたナンツ二等軍曹は

その日軍を辞め去るところだった。

 

ところが緊急事態により動員がかかり

マルティネス少尉が小隊長を務める小隊に配属され

戦闘区域に残された民間人救助へ向かう事に。

 

未知の敵はどうやら

地球外生物のようで、未知の敵の攻撃力は凄まじく

アメリカ軍は侵略のため上陸した敵を一気に消し去る為

サンタモニカの街を空爆することが決定される。

 

空爆執行まで残された時間は3時間。

若き兵士たちと現場に向かったナンツ二等軍曹は

そこで思わぬ事態に遭遇する。

 

敵の凄まじい攻撃・軍事力の中

民間人も仲間の命を救うために

自らの命の危機を恐れずに向かっていくナンツ。

 

ひとり、またひとりと犠牲者が増え続ける中

ナンツは敵についての情報を集め

遂に「ある重要なこと」に気が付く。

 

圧倒的劣勢の中、

彼らに待ち受ける未来とは…

 

(※以下ネタバレありの感想・考察です)

 

◆恐ろしい軍事力の未知なる敵

もうね、私だったら20回は絶望してたね。

まず敵の軍事力が凄いんですよ。

 

半生・半機械型 の人型軍事ロボみたいな敵たち!

生身の人間+兵器を無理やり融合させたような歪な生命体です。

どうやら個人の意思は無く(弱く)

プログラムされた「戦闘」モードだけで動いているようです。

 

加えて、敵の飛行艇~戦闘機がエグイ!

戦闘機に関しては「昆虫型」に近い。

自由自在な動きと、分離統合で自由に形状を変えられるのも奇妙でゾワッとくる。

 

世界各地(世界の主要都市)を同時攻撃しているらしく

世界は大混乱状態。。

 

◆未知なる敵の正体(考察)

敵の兵士型ロボ(or 兵器生命体)が地球外の敵だとされておりますが

私の勝手な考察では「あれは未来の地球人からの刺客」じゃないかと。

 

そもそも「人型」してるのも

地球で地上戦対応しているのも

敵の武器や攻撃力が地球の技術に酷似してるのも

敵が未来の地球軍だからじゃなか?と思っております。

 

水と資源を求めて地球にやって来たらしいですが

侵略の仕方も戦闘方法も「人間的指向」を感じます。

 

◆諦めたら、そこで終わり

安西先生みたいな教訓を教えてくれる映画です。

「諦めたら、そこで終わり」ってことの意味を凄まじい勢いで見せてくれます。

 

ただ…私が小隊の一員だったら

20回は絶望していたであろう激しい戦闘ばかりなのです。

 

気絶&絶望の戦闘シーンですが

ワイルド・スピードのレティの登場が後に希望の光となります。

 

もの凄く見ごたえある映画です。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

アトラクション 侵略(吹替版)

アトラクション 侵略(吹替版)

  • イリーナ・スターシェンバウム
Amazon