プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女見聞録】「バレエボーイズ」~14才の少年達の夢と現実の葛藤を追うドキュメンタリー

 

お題「最近見た映画」

バレエボーイズ(字幕版)

14才のバレエ少年3人が進路に悩みながらも

バレエに打ち込む姿を追ったドキュメンタリーです。

14才の彼らは無邪気に大好きなバレエのレッスンに励み

15才で進路に悩む姿がとてもリアルです。

 

 

ルマン、

ツールドフランス

ヨガ、

インドの寺院の無料食堂、

と色々今まで触れてこなかった分野を

ドキュメンタリー映画や番組を通して

理解を深めている私です(^^)

 

「バレエ」について理解を深めようと観たドキュメンタリーなのですが

思いがけず「人生の分岐点における決断の重さ」の現場に立ち会った気分です。

 

人生に迷った時に

彼ら3人のこの姿を思い出す気がする

そんなドキュメンタリー映画です。

 

 

バレエボーイズ(字幕版)

バレエボーイズ(字幕版)

 

 

 

ノルウェーのバレエ学校に通う3人の少年

ノルウェーでもバレエ人口は圧倒的に女子が多いようです。

そんな中でホントにバレエが好きで

上手くなりたくてレッスンに励むバレエ少年3人をカメラは追います。

 

このバレエ学校でレッスンを受けられるということは

既に優秀なバレエ男子ということなのです。

 

◆ルーカス(誰よりも練習に励む美少年)

ルーカスはポスターにも登場している少年です。

顔立ちが整っていて

スタイルもよく素材に恵まれている。

 

でも彼は誰よりも練習に没頭している。

だから3人の中でもひとつ抜けた存在のようです。

 

14才~15才で進路に悩む時も

彼だけは迷いなく「バレエ」の道を選んでいました。

バレエの道で成功する人は「ほんの一握り」という現実も見えている。

そんな中でも迷いがないのです。

 

「プロのバレエダンサーになる」

それ以外は考えられないというのです。

 

◆シーヴェルト(エンジニアの道と悩むアジア系少年)

バレエ大好きなシーヴェルトですが

母親は堅実な道を彼に望んでいるため

エンジニアになるべきか悩む少年。

 

14才~15才また新生活をカメラが追う中で

ちょっとだけ・・ほんの一瞬ですが

彼が自 分のアジア系の顔立ちと褐色の肌が

北欧や欧州バレエ界ではちょとハンディになっている

と感じると話していたのが印象的でした。

 

差別や偏見というのではなく

舞台上でどうしても「違う」からこそ変に目立つことを

気にかけているようでした。

 

彼の周りも彼の才能を認めているし

彼は顔も小さく、アジア人だからこその

細くしなやかな身体はバレエダンサーとして

恵まれているように見えたんですけどね(^^;)

 

14才・15才ってもう自分のことでも

客観的にみられるし、現実世界の厳しさも気づいているし

「子供じゃないんだなぁ」と思い知らされます。

 

◆トルゲール(人生はトレーニングだ)

3人の中では

一番心の中が見えなかった少年。

 

たぶんドキュメンタリーカメラも

道に悩むシーヴェルトと

才能が認められどんどん先に進むルーカスを

映すことが多かったからかな。

 

天才少年といわれていた彼も

ルーカスや他の才能あるバレエ少年にもまれ

色々「自分とバレエ」について葛藤があるようでした。

 

ふたりに比べコンクールにも消極的だった。

自分のバレエレベルに悩んでいるようでした。

 

15才の進路相談で教師に言われた言葉

 

「バレエで成功する人は一握り、バレエ以外の道も考えておくべきでは?」

 

3人は担任教師から、こうアドバイスされる。

先生なりに3人を心配しいてのことだ。

 

15才でバレエ界の現実も

社会の厳しさもその目に見え始めているので

この言葉はとても重く彼らに届いたようだ。

 

ルーカスはキッパリと「バレエ以外の道は考えていない」といってたけど

シーヴェルトは「バレエをやめる」ことを考えはじめ

本当に一時バレエ学校から姿を消してしまう(;;)

 

オスロ国立アートアカデミーの入学試験に挑む

それでも3人はバレエで試験に挑んだ。

オスロ国立アートアカデミーは

合格すれば学費は無料で

しかも学位を取得できるので

もし将来バレエ以外の道を選んでも

学歴が有利になるようだ。

 

シーヴェルトとトルゲールは

ここでのレッスンの日々で自分の実力を見極め

将来を決めるようだ。

 

ルーカスはここの試験後

ロンドンのロイヤルバレエスクールから

オーディションに招かれる。

 

ここから今まで一緒だった3人に変化が訪れます。

 

「誰にでも夢がある、だから努力するんだ」

これはルーカスが最後にカメラの前で語った言葉です。

15才で180㎝になった彼が

ロンドンのロイヤルバレエスクールの中で

才能あふれる大勢にもまれてからの言葉です。

 

まだまだ努力しないといけないと実感しているようでした。

ノルウェーのバレエ学校ではひとり才能が抜け出た存在に見えた彼も

まだまだ同世代にはすごい人がたくさんいると知って

更なる努力の必要性を感じてこう語っていました。

 

1200人中で合格者30人

その難関を越えゴール後の言葉に見えて

その実はスタートの決意表明のような言葉でした。

 

頭が下がるぜ・・・

だいぶ年下の少年に人生教えられた気分です。

 

「人生はトレーニングだ」

これはトルゲールの言葉です。

3人ともが人生の選択において

同じ選択を見せてくれたのが印象的です。

 

3人共が「挑戦」「難しい方」を

選んでいました。

よりリスクがある方という意味ではなく

「結果がどうなるかはわからないけど、本音でやりたい方」

を選んでいました。

 

結果は常にわからないし、

きまってはいないので

この選択方法が正しいのかもね。

 

結果が出てから軌道修正すればいいしね。

 

何かに真剣に取り組んでいる人は

めちゃくちゃ美しいよ!

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

リトル・ダンサー [DVD]

リトル・ダンサー [DVD]

 

 

 

未来のエトワールたち パリ・オペラ座バレエ学校の一年間 [DVD]

未来のエトワールたち パリ・オペラ座バレエ学校の一年間 [DVD]

 

 

 

 

 

名作バレエ50 鑑賞入門 (これだけは知っておきたい)

名作バレエ50 鑑賞入門 (これだけは知っておきたい)