プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【BBA映画部】デス・ウィッシュ~感想:銃初心者のブルース・ウィルスに違和感半端ない

デス・ウィッシュ(吹替版)

えっ!? そんな、まさかっ

ってなったけど、メキメキと仕置き人になるブルースに

「だよね」ってなった作品

 

 

いろいろとツッコミどころもあるのですが

王道のブルース・ウィルス映画です(^^;)

 

デス・ウィッシュ(字幕版)

デス・ウィッシュ(字幕版)

  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: Prime Video
 

 もう、どう見ても『凄腕始末人』なポスターですが

映画の内容はちょっと趣が違います…

 

 

映画「デス・ウィッシュ」あらすじ

穏やかで争いごとを好まない性格の外科医ポール・カージー

警察の手に負えない犯罪都市と化したシカゴで

救急患者を診る激務に追われながらも

愛する妻と春から大学生になる娘と

やすらぎの生活を送っていた。

 

ところが

ポールが夜勤で不在の間に

自宅に強盗が侵入し

妻と娘が襲われてしまう…

 

妻は死に、娘は意識不明の重体

「一体何が起きたんだ…」と愕然とするポール

 

失意の中、日々を過ごすポール

妻の葬儀で彼女の実家テキサスへ

そこで農場を営む義父が

牧場に忍び込んできた泥棒に向け銃を撃つ姿をみて驚くが

その時の義父の言葉が胸に響く。

 

「警察は事件が起きてからしか動かない。大事なモノは自分で守らないと」

 

妻と娘を襲った強盗事件について警察を訪ねると

警察署内の壁に未解決事件のリストが貼られていた。

未解決事件の山が大きな壁を埋め尽くしていた…

 

未解決事件の山を目にし、

義父の言葉を聞きポールは銃店へ向かう。

だが銃所持は規制が厳しく、登録した銃で人を殺せばバレてしまう…

銃を買うはいったん保留に。

 

深夜の救急患者の対応をしていると

妻を殺した犯人が運ばれてきて

そいつが落した銃をポールは自分のモノにする。

 

ここからポールの復讐がはじまる。

妻と娘を襲った犯人を探し夜の街に繰り出すポール

彼はそこで犯罪都市シカゴの悪の掃除をはじめる。

 

パーカーを深くかぶり、

強盗や強姦を次々と制裁していくポールは人々から

「シカゴの死神」と呼ばれヒーローの様な存在になっていく。

 

銃に触れたことも無かったポールは

Youtubeで銃の使い方を学んでいく。

しかし、銃素人で暴力と無縁だった彼は

自分も撃たれ負傷しながらも

どんどん強くなっていく。

 

ポールが妻を殺した犯人たちを追い詰める中

警察もまた「シカゴの死神」の捜査を進め真相に近づいていく。

 

ポールの復讐はどうなるのか?

シカゴの死神を追う警察は?

 

原作「狼よさらば」が描いている“自警”

 

狼よさらば (字幕版)               

狼よさらば (字幕版)               

 

そもそもは1972年発表の原作小説「狼よさらば」があって

1974年に映画化され、今作はそのリメイク版となる。

 

原作のストーリーを知ると

この映画は何を描いているかをより理解できる。

原作・前作を知るまでは

ブルース・ウィルスの王道勧善懲悪映画だと思ってました(^^;)

 

1974年版の映画では

ポール・ガーシーは成功した建築家でニューヨク在住。

妻子が襲われ、復讐していく展開は同じなのですが

ポールは街の悪人をはじめて昏倒させた夜、

慌てて自宅に帰り、ウィスキーで動揺した心を落ち着けようとしながらも

「高揚感」を覚えたとある。

 

この“高揚感”が重要で

その後、仕事で知り合った金持ちから銃をプレゼントされ

彼は子供の頃に封印した銃の腕前を解放していく。

夜の街で「無防備な金持ち」に扮し、自分を襲ってくる強盗を

次々に射殺していく。

 

ポールは街の悪人を処刑するたびに

明るさを取り戻していったというのだ…(闇が深い)

 

そして物語は

暴力や処刑の高揚感vsポールの葛藤になっていく。

ポールが正義の為の殺人を捨てられるのか?

 

「こういう話だったのか…」

※BBAの正直な感想

 

だいぶ深いなぁ

社会の闇もポールの闇も

 

ブルース・ウィルスが演じるポールはもっと

妻と娘の復讐に焦点が合っている人物なのだ。

ブルースだからね。

相手が悪人とはいえ

殺すことに躊躇はない感じだが

「殺すことを楽しんでいる」ようには見えないのだ。

医師という職業についている設定もあるかと思うけど。

 

ブルース・ウィルスが銃初心者に見えない!

デス・ウィッシュ(吹替版)

この男が銃初心者なわけない!

なんなら右手にもう一丁拳銃持ってそうだものっ

 

家族想いの正義の人にはめっちゃ見える。

でも、あふれ出る戦闘能力や身のこなしが…隠しきれていない。

 

ダイ・ハード4.0 (吹替版)

やっぱり、ブルースはブルースなのだ。

原作版のポールに近い

父に銃の腕前を鍛えられ、戦地にも行った元兵士

こっちの方がしっくり。

 

ポールを追う警察コンビがどこかコミカル!?

ポールを追うシカゴ警察のコンビ

男性上司と女性部下の2人が

どこかコミカルでコント風なのだ(謎)

 

誰に近いかなぁ…

志村けんと優香がコントしている感じとかかな?

男性上司だけなら飯尾さん風でもある。

「まー仕方ないかぁ~」的にポールを見逃しちゃう感じ

 

ブルース・ウィルスとこのコミカル警察コンビだけで

充分ハリウッドエンタメ映画になっている。

 

BBA目線「狼よさらば」シリーズが気になる

 銃を手にし、悪人の処刑に高揚しはまっていき

さらにその銃を置くまでが描かれているなら

ポールの葛藤や心の動きを是非見てみたいのだ!

狼よさらば (字幕版)               

狼よさらば (字幕版)               

  • 発売日: 2015/06/15
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ロサンゼルス [DVD]

ロサンゼルス [DVD]

  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: DVD
 

 

 

 

 

バトルガンM-16 [DVD]

バトルガンM-16 [DVD]

  • 発売日: 2018/10/17
  • メディア: DVD
 

 

 

狼よさらば/地獄のリベンジャー [DVD]

狼よさらば/地獄のリベンジャー [DVD]

  • 発売日: 2018/10/17
  • メディア: DVD
 

 

こんなに続編が作られるほど人気作なんだぜ~

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村