プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【PrimeVideo部】グレゴリー・ホラーショー~シーズン1を通して観たら「痛いほどブラック」だった

第1シリーズ #1〜#12

1話2分ちょっとで、すげー前にテレビのチャンネルくるくる変えている時に

何度か見たことあった「不気味な雰囲気漂うCGアニメ」って印象しかなかった。

ホラーというよりは「最先端」「おしゃれ」アニメって印象が強かった、当時は。

 

 

ところが、Amazonプライムビデオで

偶然見つけてシーズン1を通して一気に観て見たら…

最後に明かされる「心を突き刺すブラック物語」に驚愕。

 

第1シリーズ #1〜#12

第1シリーズ #1〜#12

  • 発売日: 2020/08/30
  • メディア: Prime Video
 

 

大人になって、大人を長年経験した人ほど

そのブラックホラーに捕まってしまうかも。

 

でも、1話2分ほどで「魅せる」脚本

どこか魅力あるキャラたち

しっかり作り込まれたグレゴリーハウスの映像(アニメーション)

それにクセのある声優さんたちの演技

シーズン通して1時間のストリーで見た時の後半の絶叫マシン感

これらすべてが見事です!

 

 

主人公はどうして迷い込んだのか?

第3シリーズ#1〜#13

主人公は”どうして”

このグレゴリーハウスの世界に迷い込んできたのか?

 

はじめは本人も

  • いつもの帰宅途中に偶然ここにたどり着いた
  • 気がついたらここにたどり着いた

的な感じで、ずっと「戸惑い」を抱えています。

 

でも、この疑問がラストと繋がっているのです。。。(秀逸)

 

不気味で怖いが、そう悪くはない感

グレゴリーハウスでは常に

グレゴリーから「お客様」と呼ばれています。

 

何をされるか?

何をされたか?

を別にすれば、グレゴリーハウスで出会う人達は

変わってるけど 心地よい距離感とコミュニケーションなのです。

 

言葉遣いが比較的丁寧で

「ゲスト」である主人公に「どうなさいますか?」と

判断をゆだねてくれる感じもいいのかも?

 

けっこう酷いこともされますが

不思議なCG映像のおかげで

見ていても、主人公の肉体的苦痛は

あまり感じられないのも

「そう悪くない感」の要因かも。

 

グレゴリーも実は、やられキャラ

グレゴリーの世界に親近感わいちゃうのは

みんながそれぞれに「やられキャラ」であるから。

 

グレゴリー自身もけっこうなやられキャラだし、

頭に斧が刺さった「頭痛親子」もそうだし、

他にもみんなが理不尽な目にあっているのさ。

 

「ここから逃げ出したい」=「帰りたい」

この2つがループしているところが

大人のブラックアニメーションという

ふれこみの神髄だった…

 

めっちゃ、怖いやん!

観る側のリアルな日常に喰い込んで

ブラック植え付けてくるやんっ

 

 ゲームにもなってて

グレゴリーホラーショー ソウルコレクター

グレゴリーホラーショー ソウルコレクター

  • 発売日: 2003/08/07
  • メディア: Video Game
 

 

当時はやりの「メディアミックス」ってやつの

走りを独走していたのかも。

 

1話2分ちょいでちゃんと魅せてくる

「次が見たくなる」

「何これ」

そんな感想がグルグルしながらも

ちゃんと1話2分ちょっとの話で

しっかりまとまっています!(凄くない!?)

 

日活ロマンポルノでは

「10分に1回の絡み」を入れればあとは自由

って話を聞いたことあったけど

「2分に1回見せ場を」って…マジかよ!

でも、今のyoutubeSNS動画時代を先取りしていたのかも。

 

2分くらいの話をたくさん考えてみる…難しい。

でもトレーニングに私もやってみようかな~と思っています。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村