プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画部】ハロルドが笑うその日まで~感想:人生に絶望した家具職人がIKEA創業者を誘拐しててみたら

ハロルドが笑う その日まで

もう、IKEA創業者カンプラードが凄い

高速のマイペースっーか、

一緒にいたらとんでもなく(こっちの)調子が狂うタイプなのだ!

 

 

結局、真面目でいい人というのは

カンプラードのような我我我我マイペースな人に

巻き込まれ調子を狂わされ

最後は「何やってんだ俺(笑)」になってしまうのだ。

 

真面目に生きて疲れたら

カンプラードのような我我我我マイペースの嫌われ者(?)

と一緒に旅してみてもいいのかもしれない。

 

真面目なハロルドとマイペースなカンプラードの

全然波長の合わないコンビに

思わずこっちの心も緩んでしまう映画です。

 

 

ハロルドが笑う その日まで

ハロルドが笑う その日まで

  • メディア: Prime Video
 

 

 

「ハロルドが笑うその日まで」あらすじ

街一番の高級家具職人で40年以上も家具店を営んできたハロルド

大きな家具店にはハロルドが丹精込めて作った

こだわりの家具が並んでいる。

 

そんな彼の店の隣に

世界的有名チェーン「IKEA」がオープン

しかも北欧最大級のIKEAというではないか!?

 

盛大なオープンの様子をTVニュースで観ながら

TVに映るガンプラードにハロルドはイライラし

IKEAの家具の悪口を…

 

それから6か月後

ハロルドの家具店は閉店に追い込まれ

痴ほう症が悪化した妻は急に亡くなってしまう。

 

急にすべてを失ってしまったハロルドは絶望し

店に火を放ち自分も一緒に焼死のうとする。

しかし、店だけ燃え自分は助かってしまい

ハロルドは車に乗って走り出す。

 

離れて暮らす息子を訪ね、最後の言葉を伝え

金目のものを渡すと

スウェーデンに向かい車を走らせる。

 

「カンプラードを誘拐する」

人生の最期に自分から何もかも奪ったIKEA創業者を

誘拐し復讐してやる!

 

そんなの無理でしょ?

と思いきや、

なんと、雪の中を走るハロルドの車に

カンプラードの方から乗り込んできた!!

そして謎の少女にも付きまとわれ

ハロルドの人生〆の誘拐は思わぬ方向に進んでいく。

 

絶望を抱え、復讐と死に向かって走るハロルドが

カンプラードと少女と出会い

一度狂わされた人生が更に狂わされたら…こうなるの!?

 

真面目に一生懸命生きて疲れた人に

黙ってそっと寄り添ってくれる映画です。

 

我我我我マイペースなIKEA創業者カンプラード

イケアの挑戦 創業者(イングヴァル・カンプラード)は語る

イケアの挑戦 創業者(イングヴァル・カンプラード)は語る

 

本物のカンプラード氏になかなか似ている俳優さんが演じていますが

その人柄まで同じなのかは…不明です(^^;)

ですので、私がここに書くには「あくまでも」映画で観た

作中のカンプラードさんのことだよ。

 

とんでもなくマイペースで

一緒にいると、こっちの調子が狂う

そんなIKEA創業者カンプラード氏

 

わかりやすく言うと、

この3人をグチャグチャに混ぜた感じです。

蛭子さん成分多めで。

 

とにかく人の話を聞かない

我我我我マイペースで

ケチでドジでボケている(^^;)

 

次の代に譲る気はなく、

「私が一番、私の偉業」自慢が凄い!

メディア戦略にも長けているし

どこまで本気でボケているのかは不明です。

 

誘拐されてもどこか楽しげで

真面目なハロルドに迷惑ばかりかけて振り回す

カンプラードにいつの間にか

見ている人は笑わされちゃってるのよ。

 

謎の少女エバとその母

雪の中、車内で眠っていたハロルドの車に

突然乗ってきた16歳の少女エバ

 

エバと彼女の母に接することで

ハロルドも変っていきます。

 

男がいないとダメな母に振り回されるエバ

何人もの男に捨てられては酒におぼれ

また次の男を誘う母

母に愛されたい娘と男に愛されたい母

それでも母娘はお互いを思い合ってはいるようで…

 

母を捨てて出ていった父に顔がそっくりなため

母に嫌われていると話すエバ

母とケンカした時に「心ない子」と言われたショックで

手首にハートのタトゥーを入れている。。

 

エバに助けを求められ

酔っぱらった母親を家まで運ぶのを手伝ったハロルドは

彼女の母親が話す男たちの口と

「誰も私を愛してくれない」

「寂しくて死んじゃう!」と叫ぶ姿を目にする。

 

またエバの母は少女の頃

「体操の北スウェーデン代表選手」だったということが自慢で

酔うとその時の話をしきりにするのだ。

 

自分を頼ってくるエバと自由奔放なエバ母は

絶望の中にいたハロルドの何かを変えたようです。

 

アル中で男にだらしない母ってのは娘からしたら

すっごく嫌だけど

「寂しくて死んじゃう!!」って

あんなに素直に大きな声で叫べる大人…「いいな」って思っちゃった。

 

大人になると

マイナスの感情って抑えて飲みこむ癖がついちゃうんだよね。

でもその感情をそのまま素直に大声で他人にうったえられるなんてすごいよ!

 

ハロルドが笑ったその日

誘拐のすべてが終わり、

ひとりになり座っていた(たぶんIKEA製の)

プラスチック椅子が壊れ

ハロルドも壊れたように笑った。

 

人生は悲劇で喜劇でジョークなんだ

と悟ったようにも見えたなぁ。

 

カンプラードも、エバもその母も、自分の息子も

みんな問題を抱えながらも必死に生きていた。

みんな「もういやだ!」と時に自暴自棄になりながらも

やっぱり「生きる」を選んでいるのだ。

 

情けない自分でも、

何もかも失った自分でも、

いいじゃないか!って思えたように見えたなぁ

 

成功している変人カンプラードも

男と酒に溺れるエバの母も

不良娘のエバ

自分の息子も

みんな、いいところも悪いところもある

(悪ところやダメなところ多めだけど)

愛すべき人達だった。

 

自分にはまだ大事なものがあって

自分を必要としている人がいることに

気が付いたハロルドはいい表情してた。

 

映画にIKEA全面協力!IKEAの懐広いぜ~

街の家具屋さん、

個人経営の小さな店を潰していく

資本主義の巨人にして悪者風な表現も

されているのにIKEAは店舗まで貸してくれて

この映画製作に協力している。

 

創業者に至っては

そのままの彼の名で容姿を似せた俳優が演じている。

観る人によっては

IKEAの創業者ってこんな人なの?」って

この映画のままの印象が残ってしまうかもしれないのに。

 

愛すべきマイペースな変なおじさん(おじいちゃん)として

描かれているけどね。

 

映画の中でのカンプラードの名言

「趣味とか休暇は、野心のない怠け者とアマチュアのものだ」

 

でも、映画の終わりの方では

「趣味なにかはじめようかな」とか言いだすのさ。

自信家にみせている人ほど自信がなく孤独なのかもね。

 

私の中では

トランク開けたらカンプラードが最高でした。

出てきてからの「寒いね」が最高だよ、変なおじいちゃん!

 

失ったものを数えるより

今在る大事なモノに目を向けようっ

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

海外ドラマバナー