プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画】ハープ・プロジェクト~感想:実在のHAARPプロジェクトの真の怖さは…

ハープ プロジェクト(字幕版)

実在の米軍プロジェクト「高周波活性オーロラ調査プログラム」

を題材に取り上げている映画です。

その内容は昨年、ネットニュースでも話題になった

 

 

「●国がマイクロ兵器でイ●ド兵を攻撃」って話に近いです。

※チラッと見ただけなの情報なので、伏字にしといた

 

これは真のハーププロジェクトの狙いと目的が見えてくると

恐ろしさが何倍にも膨れ上がります。

 

ハープ プロジェクト(字幕版)

ハープ プロジェクト(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 

 

映画ハープ・プロジェクト~あらすじ

映画 『ハープ・プロジェクト』 公式予告編 - YouTube

 

高校生ダニエルは友人トーマスを連れて

ネットで流行しているGPSを駆使した宝探しゲームのSNSで出会った

女の子エリーとその友人ジェシーと合流。

 

これから4人でゲームの宝を探しに出かける。

宝のありかを追っていくうちに

山奥の侵入禁止区域にそのまま車で侵入…

 

そして侵入した先にあった湖から

ゲームのアイテムである宝箱をみつけ

中にあったマリファナ入りのクッキーを食べる。

 

ジェシーだけはクッキーを食べず

近くの廃墟フェルゼンランド・キャンプ場へ

イヤホンで音楽を聞いていたのだが…

 

クッキーのせいでハイになって

一休みしていた3人が戻るとジェシーは昏睡状態に陥っていた

 

パニックになる3人の前に防護服の男が現れ…

ここから3人は想像もしなかった恐怖と闘うことになる。

 

舞台をドイツの冷戦時代の軍事実験場に変更

米軍のハープ・プロジェクトを

舞台をドイツに、冷戦時代の軍事実験場というコトにして映画化。

 

彼らが侵入した「進入禁止区域」がこの軍事実験場なわけです。

しかも、過去の遺産に見せかけておいて~

現役の軍事実験場であり最新兵器の人体実験中なのさ(恐)

 

GPS宝探しをネットで流行らせ、

この場にやってくる人を被験者にしているらしい(^^;)

侵入禁止の看板無視したから、実験参加OKって判断みたい(恐っ)

 

恐ろしいのは、ダニエルたち以前にも

何人もの人がここで実験の被験者にされたらしく

ある程度のデータが既に集まっており

被験者の行動パターンも観察者側が熟知しているところ(恐っ)

 

この侵入禁止区域で行われている実験の本当の怖さ

何が恐ろしいって

この映画で描かれているハープ・プロジェクトの軍事実験というのが

強い電磁波に晒され続けた人間の観察と

人体への影響を知るのが目的なので

最終的には「遺体回収」が最重要事項なのだ。

 

つまり、この区域に入ったモノは

”強い電磁波を浴びさせて死体となる”までは「決まっている」ことなの。

 

マリファナ入りのクッキーも

遺体解剖調査後に警察に引き渡し

「ラリった若者が事故死」とするためかも…

 

実際のハープ・プロジェクトの真の恐怖は…

実際のハープ・プロジェクトは「気象実験」からはじまっており

私は「災害兵器」の開発・完成を目指したものだった…と思っています。

 

この映画のポスターでは「地震兵器」の文字が躍っていますが

これは、あくまでも噂で日本で起きた大地震

ハープ・プロジェクトの実験のせいでは…とささやかれているからかも。。

 

でも私はアクァッホ・スレで読んだような古代の災害兵器の智慧

今も息づいているのでは…と考察しています。

古代の「洪水」やシャトナーが紹介していたマラカイボの「雷」など

地震だけではなく、こういった災害すべてを

自在に行なえるようにしようとしているのでは…

 

過去は繰り返そうとしているのかもしれません。(イヤだけど)

 

BBAの感想:トーマスが意外といい奴

ダニエルの友人トーマスに「ダメダメ臭」が漂っていたので

コイツ…問題ばかり起こしそう…みんなの危機を誘発しそう…と

偏見に満ちた見方をしてしまっていた私、、

 

トーマスごめん!

めっちゃいい奴だった(;;)

ただのスケベ・おバカ男子高生かと勘違いしてた…ごめん。

 

なかなか仲間想いで

姿を消したジェシーを探しに

深夜の森にも入っていく(カッコいい)

 

でも、やっぱり侵入禁止の看板無視しちゃダメだよね!

あと、宝箱の中身が謎のがっかり感で満載でした。。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村