プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【映画部】アンセイン~感想:ストーカー話にみせかけて精神不安社会と精神病治療と金の闇を抉る作品

アンセイン ~狂気の真実~ (字幕版)

はじめはストーカーに追い詰められた女性の物語かと思っていたら

もっと現実社会の闇をグイグイ抉ってる映画でした…

精神病の治療と保険の金の話がエグイすぎるぜ~

 

 

この映画は今の社会に広がる

  • 不安症の拡大や精神不安社会
  • 凶暴化・攻撃性が強くなる人々
  • 医療と薬と金の問題
  • 金融関係の嫌な人間関係

など多くの問題を「ストーカー話」を表にし

裏側で描いております。

 

旨い本題隠しにも見えるなぁ

φ(..)メモメモ

 

主演の女優さんの演技に引き込まれる…

というよりひきずられてしまう感じ(^^;)

とくとご覧ください。

 

アンセイン ~狂気の真実~ (字幕版)

アンセイン ~狂気の真実~ (字幕版)

  • 発売日: 2018/09/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

「アンセイン」あらすじ

ストーカー被害により

2年間引っ越しや転職を繰り返しているソーヤ

 

やっと今の新天地での生活にも慣れてきた。

銀行での仕事ぶりも認められ出世間近の彼女。

 

母親にも周囲にもストーカー被害のことは秘密にしていた。

そのため近所の病院に拠点を持つ自助グループに助けを求め

カウンセリングを受けにいくことに…

 

カウンセラーに素直に色々話したことで

気持ちが軽くなったソーヤ。

「またあなたにカウンセリングお願いしたいわ」と

2年に及ぶストーカー被害で弱った心の回復に希望が見えてきた。

 

カウンセラーに言われるがままに書類にサインして

帰ろうとしたところ…なんと強制入院させられることに!

自サツの可能性があるので24時間監視入院であり

さっきサインしたはその承諾書だという…

 

ソーヤは仕事に戻らなくてはいけないため

「これは間違いだ」と訴えるが

精神病患者とされているので病院職員も

警察も相手にしてくれない。

 

更に病院内で暴れたことで

ソーヤの入院は1週間に伸びてしまう。

多くの精神薬の定期的摂取と男女同室の巨大な大部屋生活、

「この入院は間違いだ、早く解放して」

と訴え暴れる度に打たれる鎮静剤

 

そしてソーヤのいる病棟に看護職員として

ソーヤのストーカー:デイビッドにそっくりだが名前が違う男があらわれる!

ソーヤは驚きその男に暴言を浴びせ暴れ

鎮静剤を打たれベッドに拘束されてしまう。

 

どんどん感情的に暴力的になるソーヤに

周囲もソーヤ自身も「精神病が酷くなり幻覚を見ている」

と思うように…

 

大部屋入院患者の中で

リーダー的存在のネイトだけはソーヤを励まし

「君はおかしくない、早くここから出ろ」と言ってくれる。

 

ネイトは禁止されているスマホを隠し持ち

誰かとこまめに連絡を取っていることにソーヤは気が付き

ソーヤはネイトのスマホを借りて母親に助けを求める。

 

ところが母親がソーヤを退院させようと

弁護士や地元の警察を頼っても

精神病患者で攻撃性の高いこと、プラス

書類にサインした以上難しいと言われてしまう。

 

母と連絡が取れなくなり、

ネイトが姿を消し

ソーヤが地下の個室(独房)に入れられ

遂にソーヤは自分の身に何が起きているか真相を知る。

 

ソーヤは無事退院できるのか?

ソーヤは本当に精神を病み幻覚を見ているのか?

ここから激しく展開が動いていきます。

 

ポイント①ソーヤの攻撃性

そもそも、ソーヤはこの病院&カウンセリングにいく前から

非常に攻撃性高めの女性なのだ。

新しい職場の銀行でも顧客からも同僚からも

「冷徹で怖い女性」と恐れられている。

 

たぶん、デイビッド親子に優しくしたことで

ストーカーされたことと関係が深いと思う。

心にトゲトゲの鎧をまとい武装しているんだと思うけど…

 

カウンセリングから強制入院で

ソーヤはより感情的で暴力的になる。

 

更に何度もうたれる鎮静剤と大量に飲まされる精神薬で

その凶暴性はどんどん強くなっていく。

 

ソーヤの暴力性は

社会との関係や影響からのものと

薬の過剰摂取によるものと

2つの側面から描かれており

「凶暴化する社会」の問題を突いているように見える。

 

ソーヤの暴力性や攻撃性は

後半に向けどんどん右肩上がりに増していく。

最後の方は

「ここまで躊躇なく攻撃できるの?」という域だ。

 

ポイント②保険金を狙い正常な人も精神病患者とする病院

ネイトが教えてくれたこの病院のカラク

 

カウンセリングに来た人で保険に入っている人は

特に問題のない人まで「精神病認定」し、

強制入院させ保険から金が出る限り入院させる仕組みだという…

 

「危険な状態の精神病患者」と病院側が主張し

スマホや携帯などとりあげて外部と連絡できないように入院させ、

暴れれば鎮静剤、入院中は複数の精神薬の投与され

次第に正常だった人も精神を病んでいく。

 

そして保険から金がおりなくなったところで

病院側から「退院」と追い出される仕組みなのです。

 

怖いっ

元々今の社会はストレスが多いし、

高い生産性を求められ過労気味なので

誰もが不安や疲れを感じている。

 

その不安や疲れた心を病院側が突いて

「精神病患者」に仕立てて、保険会社から医療費をとれるだけ獲るって…

人々の心まで拝金主義に食い物にされているじゃねーか!?

 

ポイント③ストーカー男vs凶暴な攻撃女

この戦いが、なかなか見ごたえあります。

両方ともが強靭な精神力で

もの凄い戦いを見せてくれます。

プロレスのようだ…

 

どう考えても

ストーカー男が初めに恋した

「優しい女」の要素は微塵もないのに、

それでも凶暴なソーヤを執拗に追いかける気持ちが謎。

 

これが本物の執着なのか!?

 

ソーヤの肉体的な攻撃力にもご注目。

軍隊経験があるわけでもない

会社員女性でここまで強いなんて!!

 

私も戦術習っておくべきかも。

 

ポイント④ひょっこりマッド・デイモン

油断していると

チョイ役でマッド・デイモンが現れます。

 

えっ!?

って思ってる内に姿を消しちゃうのでご注意を

 

ポイント⑤精神不安社会と攻撃的性格

ストーカー男が消えても

ソーヤの攻撃性は変わらない…

 

部下になった同僚への

底意地の悪い解雇通告

 

デイビッドに似た男性を見つけると

ナイフを手に刺しに行くその攻撃性。

 

色々と人が心を削りあったり

奪い合う社会だからこれからどんどん社会全体が

ソーヤのようになっていくのかも。

 

ジャーナリストのドキュメンタリーを観た時に

「製薬会社の幹部の倫理観」を指摘している場面があった。

新しい病名が次々に現れ

新しい薬も次々に現れ

日本は世界中の製薬会社から儲かり市場として狙われている。

 

薬との付き合い方、

心と体の健康管理と維持、

色々と基本から考え見直すべき時なのかもね。

私は動き始めているよ。

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

 

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

悪魔が教える 願いが叶う毒と薬

 

 

ひとめでわかる のんではいけない薬大事典

ひとめでわかる のんではいけない薬大事典

  • 作者:浜 六郎
  • 発売日: 2017/06/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

この薬、飲み続けてはいけません! (薬をやめると超元気になる)

この薬、飲み続けてはいけません! (薬をやめると超元気になる)

  • 作者:内山 葉子
  • 発売日: 2018/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)