プロ独女のライフハックブログ

40代プロ独女みつまるが恋愛・お金・美容健康・心のあらゆる面の不安や悩みを受け止めながらより良い幸せな独身人生を送るために学び・アウトプットするブログ

【独女映画部】「エヴォリューション」の感想・考察~evolution=化育・化成 妊娠させられる少年達

お題「最近見た映画」

エヴォリューション(字幕版)

大人の女と少年しかいない孤島の秘密

ニコラが可愛い!少年たちが圧倒的な儚さをまとった美しさ。

文明的なものが全くないのでいつの時代の話なのかもつかめない不思議さ。

色々と考察を楽しめる美しくも怖くもある映画です。

 

 

 

 

エヴォリューション(字幕版)
 

 

エヴォリューション Blu-ray&DVD2枚組

いろいろと気になるシーンも多く

解釈にも多様性がある

大人のおとぎ話のような・・・絵本のような・・・作品です。

 

 

少年と女性しかいない奇妙な孤島

少年と女性しかいない孤島に母と暮らす10歳のニコラ。

この島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象になっている。

 

子供はいるのに

父親らしき成人男性はひとりも見当たらない。

島には近代文明を感じるモノが何もない。

 

島の家は白壁と木の扉に窓でできていて

家の中は家電もなく木の机とシンプルな木のベッドがあるだけ。

 

子供たちは毎日 インクのような液体の薬を飲まされ

蛆虫と下水の泥を混ぜたような青みがかった灰色の食事を摂らされてる。

 

島は静かで

女達は協力し合ってはいるが

笑顔や談笑はなく淡々としている。

動物の群れといった感じだ。

 

10歳になる少年ニコラはある時

いつものように海で泳いでいたら

海底のサンゴや海藻の中に少年の死体を発見する。

 

そのことを母に言っても

友だちの少年たちにいっても誰も信じてくれない。

このころからニコラは自分の体の異変と共に

この島の暮らしに違和感を感じ始めていた。

 

 

夜な夜な海岸に集まる母たちの秘密

真夜中になると

この島の女達は海岸に集まってくる。

そんな母の秘密を探ろうと

ニコラが母の後を追い見た物は・・・。

 

海辺の岩場で

全裸で寝そべり、頭を突き合わせるように

放射線状に円を描くように体を接触させる女性達。

体を岩や仲間にこすりつけるように動かして

悦楽の表情を浮かべる。

 

そしてその皮膚からはねばねばした粘液のようなものが・・・

しまいには胎児のようなものをみんなが体に擦りつけ合っている・・・

 

さらにニコラは帰宅した母が

シャワーを浴びている姿を覗き見て驚愕する。

母の背中にはタコの吸盤のようなものがたくさんついているのだ!

 

鼻血がでたら入院のサイン・少年たちへの化成手術

鼻血がでたら、入院のサイン!

少年たちはだいたい10歳をこえた頃には鼻血をだし入院する。

 

廃墟のような病院では

最小限の医療器具でなにやら少年たちの腹に

大きな注射器で黄色の液体を注入する。

 

この液体を腹に注射された少年たちは

腹の中に命を宿す。

経過をエコー検査で観察され

少年の体が壊れる前に胎児は取り出される。

 

単なる細胞や肉の塊のようなものを3片腹から出されるモノのいれば

人間の胎児のような生き物を腹から出す子もいる。

多くは生物としては未完成の状態で腹から出されており

ホルマリン漬けで保管されている。

 

ニコラはこの島の秘密に気が付きながら

遂に出産する。

ニコラの腹から元気な双子が生まれた・・。

帝王切開手術の麻酔から目が覚めたニコラは

体を拘束され、大きな水槽の中で

自分の腹から生まれた子が自分の体に必死に

吸いつく姿をみて気絶してしまった。

 

出産に耐え生き残った少年を救いだした看護師ステラ

 

自分が出産した双子の姿をみて気絶してしまったニコラを

助けに現れたのは看護師のステラだった。

 

この二人はこの島では珍しく

少しづつ心を通わせていたようだ。

ステラがニコラに愛情を持ち始めた感じに見える。

同情からなのか、

母性からなのか、

最後には女として彼を愛していたのかもしれない。

 

彼女はニコラが絵を描くことが好きで

ノートに絵を描きためていることをしっていた。

そしてニコラの描く絵には・・・

 

この島には無い

観覧車や自動車、自転車、猫、キリンなどが

描かれていた。

そしてニコラは自分の本当の母親の顔も描いていた。。

ニコラはかつて近代文明社会にいたのだ。

どうやら連れ去られてこの島に胎として飼われていたようだ。

 

ステラはニコラに水中で長いキスをした後

彼をボートにのせ元の世界に返してあげた。

 

ニコラが目を覚ますと

海岸沿いの工場や町明かりが

夜の海をオレンジ色に輝かせていた・・・。

 

おしまい(このシーンでエンドでした)

 

気になったシーンと私の考察

ここからは気になったシーンと共に私の感想と考察を

ドドーンと書いていこうと思います。

 

①オープングの長い海水シーン

もう出だしから意味深なのです。

はじめは私にはこう見えていたのです。

弧を描いてゆれる海水面に映る太陽

ところが

このシーンが非常に長く

だんだんと観ている内に

 

海の中から太陽を仰ぎ見ているのか!?

と気が付きはじめた私です。

 

たぶん両方で1つなんだと思います。

 

海水と太陽は

この世界の生命の誕生の元ですからね。

 

evolutionの化育の意味が描かれているのかも。

 

②海岸は岩だらけで波は荒波なのに泳げる島民

この島の女たちは吸盤を背中に持っているくらいだし、

体からねばねばも出すし

水中生物の特性も持ってそうなんで泳げるのわかるんですよ。

 

でも、この島の少年達も

このすごい荒波の中を平気で泳げるのです!

ウソでしょって程の荒波なんですよ。

海岸に打ち付ける波の爆音、

そして激しく立ち上がる波しぶきをみてほしい。

 

私の考察ですが

島の少年たちが毎日飲まされている謎の薬も怪しいのですが、

この島に連れてこられる中で記憶も

生体も何らかの手が加えられているっぽい。

 

水中にも強い生物にしたいという意図も感じる。

 

③ニコラの病気について偽母が語った言葉

毎日気持ち悪い薬を飲まなければいけないニコラは

自分のことを病気だと思っていて

自分の病気のことをたずねる。

 

そうすると母は気になる説明をニコラにしたのです。

 

「もうすぐあなたはトカゲなどのように脱皮するのよ」

「脱皮すると今よりうんと弱い体になっちゃうの」

「だからお薬飲んでいるのよ」

 

全然、「そうなんだ~」ってならないんですけど!!

脱皮はより強い肉体に進化する為でしょ!?

なんで、うんと弱くなるんだ・・・

 

薬により肉体の機能を変えているのでしょう。

まさにここが化成なんだろう。

少年たちの腹・・・位置的にも

与えられる食事的にも薬から見ても

少年たちの胃~腸にかけての部分に

子宮のような生命を宿し育てる機能を持たせたっぽい。

 

帝王切開のビデオを観て出産に備える看護師たち

この島にはほぼ近代文明を感じるモノは何もない。

それなのに なぜか病院には古いテレビ(?)モニター(?)

があり看護師たちは毎晩帝王切開による胎児とりあげの映像を

何度もみている。

 

つまりこの島の病院は

少年たちに子供を産ませるためだけにあり

看護師たちもみな私たちが考える医療従事者でないのだ。

 

⑤少年たちが産んだ子は水中で保護される

ほとんどの少年は

妊娠中に体が持たないで血を吐いて死ぬか、

腹を裂かれて未完成な生物を引きだされたあと死ぬか、

なのですがニコラとその友人だけ産んだ子が

息をし水槽内を泳いでいました。

 

どうやら腹に入れられた

生物の種なるものは

水中生物属性がやはり強いようです。

 

というよりも

少年たちの腹を借りている、

少年たちの体内で保護されつつ

少年たちの体を栄養源として食いつぶしているんでしょうね。

 

⑥看護師ステラがニコラに見せたこの島の秘密

真実を知りたがるニコラに

看護師ステラはこの島の秘密を教えてあげると

数枚の写真を見せてくれます。

 

そこにはこの病院内でとられた

この島の少女たちの背中の吸盤が映っていました。

 

症例写真や医療記録写真としてとられたような写真です。

つまり、

この島にもかつては通常の人間が暮らしていて

ちゃんと医療を学んだ医者がいて病院も機能しており

いつからか島の少女たちに異変が起きたようです。

 

もしくは背中に吸盤のある少女たちが

この島に多数上陸したか・・・。

 

私のこの島の謎についての謎解き

以上のことプラス、

オープニングで観た綺麗な海の水中シーンから

どんどんラストに向けてにごっていく水中の映像が差し込まれていることと、

ニコラがステラによって送り届けられた世界が

工場や都市という近代文明の象徴だったことなどから

こう考えました。

海の汚染、

大気汚染、

戦争(核や枯葉剤などの化学・生物兵器

により人体に異変が生じこの島では女性は水中生物化し、

男は育たなくなり

一生懸命人間の少年たちの腹を使って

彼女たちの「アダム」を作ろうとしてたんじゃないかなぁ。

 

彼女たちと一緒に生きていける

完全体の「雄」が欲しかったんじゃないでしょうか?

少年の腹を借りての種の保存は非常に成功率が悪そうだったので。

 

おまけ:島の女性たちは何を食べて生きているのか

少年たちが母手作りの

すっげー気持ち悪い蛆虫+海底の泥みたいな食事を

毎回摂っているので、これがこの島の普通の食事なのかぁ・・と思った私。

 

ところが!

なんと、この島の女達(少年の母たち)は

自分たちの特性をいかし

海に潜っては海の幸をとりまくり

そのまま海岸で生のままウニなどをむさぼり食っておりました。

 

ちゃんと美味しそうなもの食ってるじゃねーか!?

 

ひねくれた私のこの島の正体:もう1つの仮説

ここまで書いて

更なる深読みで最後は閉めたいと思います。

 

私がどうしても気になるのは

病院の点滴やあの帝王切開ビデオを誰が用意し、

誰が彼女たちに与えているのか?

少年たちに与えている薬の出どころも。

 

そこで考えてみた結果私がたどり着いた仮説は

力ある国、組織、医療医薬品企業などの

生体実験島だったんだろうというコトで落ち着きました。

 

だから少年達も定期的に送られてきて

確保されているんでしょう(><)

 

彼女たちも元は写真に写っていた

連れてこられた少女たちで

体を作り替えられえたのかもしれません。

 

化成したのは誰でしょう?

 

あなたはどう思いますか?

 

では、また~☆

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

 

 

エヴォリューション(字幕版)
 

 

 

マザー! (字幕版)

マザー! (字幕版)

 

 

 

エコール(字幕版)

エコール(字幕版)